ホーム - 用語集 - 剛すべり支承

剛すべり支承

数-AZ・50音:か行

分野:電子デバイス

免震システムを構成する装置の1つで、すべり面の上にベースを載せた構造のもの。平常時は非常に大きな剛性を持っていながら、地震時にある程度の力がかかると滑りはじめ、揺れを吸収する。