ホーム - 特集 - 医療・福祉施設の運営環境改善のポイント - 医療情報エンジニアリング

医療・福祉施設の運営環境改善のポイント 医療情報エンジニアリング

医療情報システムの事前準備の重要性

「電子カルテはどこのメーカーでも同じなので、デモで機能を確認さえすれば、あとは予算で決めればいいのではないか」と病院関係者の方々からお聞きすることがあります。
果たして本当にそうでしょうか。「自家用車」を購入する際であれば、単に乗って走る機能だけでなく、乗り心地や色やスペック、それにオプション機能を考え、最後に予算と照らし合わせる、といった具合によく考えるのではないかと思います。

電子カルテシステムを導入する際も同じ考え方が必要です。「電子カルテ=記録」だけならどのシステムメーカーもそう変わりはありませんが、その他にも電子カルテシステムに接続する診療支援システムなどの構成範囲や導入に必要な投資計画など、全体的な視点で見ることが重要になってきます。

個々のシステムは既製品だとしても、システム全体で見たときは、どの病院をとっても一つとして同じシステム環境にはなりません。また、システムメーカーを決めた後に病院内でシステム運用を考えるとシステムの仕様に縛られ、病院スタッフが新システムの操作に慣れるための期間が不足したり、時間の要する既存データの移行に手間取ったりと、病院内の業務手順を整備できないまま稼動日を迎えてしまうということもあります。
システムメーカーは所有するパッケージシステムを、品質高く、効率的に導入することを目標にしているので、具体的に運用を検討し始めると運用とパッケージシステムとのギャップが多く出てくるのです。

大成建設が支援できること

私たちはこの点に着目し、病院を新築・リニューアルする際、医療情報システム導入後の運用(業務手順・端末設置場所等)を想定しておくことが重要な検討事項であると考え、医療情報システム(電子カルテシステム、オーダリングシステム、放射線システム等)の選定はもとより、システム運用計画を立案します。そして、医療情報システム導入後に万一運用トラブルが発生した場合でも速やかに解決するためのお手伝いをします。

医療情報システム選定までの検討手順例
  1. 要件定義(現場調査・現場ヒアリング)
    病院関係者へのヒアリングを行いながら現状の問題点を整理し、病院関係者とのワーキングの中から医療情報システム選定の課題を共有
  2. 医療情報システム基本計画書(システム範囲・導入効果)の作成
    要件定義を行いながら、各部門から挙がった問題点に対する解決策の検討や、これから導入すべき医療情報システムの導入目的を設定します。この時、どの医療情報システム(電子カルテシステム、オーダリングシステム、放射線システム等)を導入するかの計画案を作成
  3. 医療情報システム要件定義書(システム仕様・見積要件)の作成
    基本計画書から、病院の要求を満たした精度の高い医療情報システム要件定義書を作成し、医療システムメーカー各社へ見積りを発注
  4. 医療情報システム選定(見積評価・実行計画)
    医療システムメーカー各社から提出された見積りから、病院関係者が判断し易いように機能内容を分かりやすく比較した資料を作成。病院関係者と共に、次期医療情報システム導入のパートナーとして相応しい業者選定を実施
全体スケジュール

全体スケジュール

1 2