ホーム - 特集 - ニホンヤマネと大成建設 - 第3回 ついに架けられたアニマルパスウェイ!意外な動物も利用?

ニホンヤマネと大成建設 第3回 ついに架けられたアニマルパスウェイ!意外な動物も利用?

山梨県北杜市の市道上に、アニマルパスウェイ1号機が完成!

2005年10月に架設された実証用のアニマルパスウェイでは、その後もニホンリスが頻繁に利用している姿が確認され、2006年秋にはニホンヤマネも利用していることを確認できました。

画像そこで、ニホンヤマネを市の動物に指定している山梨県北杜市の市長に、公益財団法人キープ協会 やまねミュージアム館長の湊先生から「森を分断している市道の上に、アニマルパスウェイを建設しませんか?」と提案されました。市長からは早速、どの地点に作るべきか検討しましょうと回答いただき、今までニホンリスやヤマネがロードキル(道路上での轢死事故)に遭っていた場所に近い道路沿いの森を調査しました。

ボランティア団体の助力を得て、ニホンリスが松ぼっくりをかじるとできる食痕(通称、エビフライと呼ぶ)や糞を探し、ヤマネの餌となるサラサドウダン、営巣あとや巣箱調査、あるいはヒメネズミをトラップ(動物用のわな)でとらえるなどを行い適切な場所を選定しました。森が連続していれば、枝から枝を頻繁に樹上性動物が行き来していたであろうと思われるその場所に、アニマルパスウェイ研究会で開発・設計したアニマルパスウェイ1号機が2007年7月に完成しました。

そこは、やまねミュージアムから約800mの距離に位置します。モニタリングの方法は、アニマルパスウェイに設置したTVカメラの映像を有線で伝送し、ミュージアム内で記録することになりました。さて、どんな動物が最初に利用したのでしょうか?

モニタリングで確認できた、森の住人たち

アニマルパスウェイ1号機を設置してから17日後、初めてヒメネズミが利用し、その翌日にはヤマネが利用する様子を確認できました。毎日、ほぼ一日中モニタリングを続けたところ、約3ケ月間に800回以上も利用していることがわかりました。ほかにも、ビンズイ、ヒガラ、コガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、キビタキ、ゴジュカラなど、様々な鳥がアニマルパスウェイにとまって羽を休めたり、クモの仲間など昆虫が頻繁にアニマルパスウェイを行き来していました。

1号機を利用するニホンヤマネ

1号機を利用するニホンヤマネ(ロープを逆さ走りしています)

1号機でバトルする2頭のヒメネズミ

1号機でバトルする2頭のヒメネズミ

しかし、ニホンリスはやってきません。近くにアカマツの木もあり“エビフライ”が落ちていたにも関わらず、どういうことでしょうか?

車が通過しているにもかかわらず、アニマルパスウェイを利用するニホンリス

車が通過しているにもかかわらず、アニマルパスウェイを利用するニホンリス

翌々年の2009年1月、電柱や通信技術のプロであるNTT東日本の皆さんにも研究会に加わっていただきました。NTTさんは保有技術やノウハウを活かし、アニマルパスウェイから森への導入路を付けることを提案されました。すでに、アニマルパスウェイに向かって折れた枝木などを掛け合わせ、アニマルパスウェイに繋がる簡単な道をボランティアの皆さんに作っていただいていましたが、さらにこれを強力なものにしたらどうかということでした。
そこで、電線を保護するFEPという管を使って森への導入路を設置する方法を試してみたところ、すぐにニホンリスが現れました。

続いて予期せぬ動物も・・・?!

なんと、小動物の天敵であるホンドテンが確認されたのです。ホンドテンは地上を動き回りますが、樹上で過ごすことも多く、極めて俊敏な動物で知られています。その後の映像で、数日置きにホンドテンがやってくることが判明しました。

2号機を悠々とわたるホンドテン

2号機を悠々とわたるホンドテン

森の中では、毎晩が生きるか死ぬかの戦いです。生態系ピラミッドの頂点には、夜はフクロウやキツネなど、昼間はオオタカなどが位置します。食物連鎖では、それらの動物がヤマネやヒメネズミ、リスなどの天敵になります。そこで、アニマルパスウェイにはいくつもの工夫が施してあります。例えば、支柱には動物が登れるように天然あるいは人工の木の皮が巻いてあります。屋根はフクロウなどから身を守れるようになっており、メイン通路の床の側面にはアルミでできたシェルターがところどころに設置してあります。

その後、八ヶ岳高原道路(県道)にもアニマルパスウェイ2号機が建設されました。調査の結果、ここにはニホンリスの好むアカマツが少ないため、ヒメネズミとヤマネが主な対象動物となりました。予想通り、2号機の主な利用者はこれらの夜行性動物であり、ホンドテンも利用していることがわかりました。
2011年には環境省からの依頼により、研究会で設計したアニマルパスウェイが那須平成の森(国立公園)の県道上に設置され、ヤマネやニホンモモンガが利用していることが確認されました。
今後も、一体どんな動物が利用するのか楽しみです!