ホーム - 特集 - ニホンヤマネと大成建設 - 第1回 生きた化石!?森の妖精「ヤマネ」をご存じですか?

ニホンヤマネと大成建設 第1回 生きた化石!?森の妖精「ヤマネ」をご存じですか?

ヤマネ博士との出会い“ヤマネは超省エネ動物です”

ヤマネ博士の湊先生

ヤマネ博士の湊先生
(キープ協会やまねミュージアム館長、関西学院大学教授)

2003年、経団連自然保護協議会の参加企業とNGO/NPOとの交流会の席で、公益財団法人キープ協会のヤマネ博士の湊先生より「ニホンヤマネは6〜7ケ月も冬眠する動物で、極めて省エネ。省エネのコマーシャルキャラクターに使ったらどうでしょうか?」とのお話があり、印象的でした。

今、小学校3年生の国語の教科書に「森のスケーターやまねの話」が載っていますので、子供たちのほうがヤマネについてよく知っています。
ヤマネ博士の話では、ヤマネは恐竜が絶滅した後の約5000万年前から地球に存在し、ヨーロッパ、アジア、アフリカに分布しています。日本の固有種であるニホンヤマネは約50万年前の化石が見つかっているそうです。リスやネズミと同じ齧歯類に属しますが独立したヤマネ科であり、国の天然記念物で準絶滅危惧種に指定されています。

一度見てしまうと誰もがファンになってしまう森の妖精であるヤマネは、国内では8つの遺伝子(DNA)系統で分類され、若干毛の色や顔つきが違うそうです。ヤマネ博士は和歌山生まれですので、紀州ヤマネが一番いい顔立ちのヤマネだと主張しています。

驚きの生態ゆえに「眠りネズミ」の異名も

ヤマネは不思議の国のアリスのお茶会の場面で、どんなにいたずらされても眠っている動物として知られています。

wikipediaより不思議の国のアリス

wikipediaより不思議の国のアリス(ウサギの隣がヤマネ)

冬眠時の丸まったヤマネ

冬眠時の丸まったヤマネ

外気温が9℃ぐらいになると森の中の腐葉土の下や洞の中で体温を通常の36℃から1℃付近まで下げて冬眠します。外気温が-7℃になると、逆に生命の危険を感じて起きだし、ねぐらを変えるそうです。起き上がるのに50分以上も掛かります。巣の戸をあけても決して逃げません。極めてねぼすけな動物です。

画像海外では眠りネズミなどの名前がついており、日本でも地方では「氷鼠」や、ボールのように丸くなって眠るので「鞠鼠・小玉鼠」などとも呼ばれているようです。大きさは約8cm、尾はふさふさの毛が生えています。体重はおよそ18gで、大変小さく可愛い哺乳類です。冬に木を切ると木の中から転げ落ちてくることから林業ではヤマネを山の守り神として崇めています。

日本の動物園では唯一、上野動物園に飼育されているのですが、夜行性ですのでなかなか見られないかもしれません。
清里にある、湊博士が館長をされている「やまねミュージアム」では冬場の冬眠状況が公開されることがあります。

分断されたヤマネの森をつなぐ!森の架け橋「アニマルパスウェイ」

ヤマネと大成建設との縁は、2002年に公益信託大成建設 自然歴史環境基金で支援させていただいたのがきっかけでした。
2004年1月には経団連により建設業とNGO/NPOの懇談会が開催され、この時、ヤマネのための道路上のブリッジ開発への協力要請を受けました。4月に財団法人キープ協会のやまねミュージアムで第一回目の研究会を開催し、道路上に架ける安価な樹上性野生動物の通り道を「アニマルパスウェイ」と名付けて、研究会の名称としました。

研究会のメンバーは樹上性の哺乳類の専門家集団であるニホンヤマネ保護研究グループの皆さん、私たち建設関係者、道路上の電柱や架線関係のプロである通信会社などで、既におよそ9年の間、地道な調査や実証的研究開発、普及活動を行っています。

建設業は森の中に道路を建設することがよくあります。森に生息する生き物に対して、もちろん配慮はしてきましたが、樹上性の哺乳類のヤマネやヒメネズミ、リスなどへの配慮が十分にできているとは言えません。
湊先生は1998年に清里高原の道路工事でヤマネの棲む森が分断され、建設機械などでヤマネが踏まれてしまうことに懼れを感じ、県と交渉して、道路標識と兼用のヤマネブリッジの設置を行いました。しかし、このブリッジは高額なため、普及するためにはコストダウンする必要がありました。こうした背景から、大幅なコストダウンを目的の一つとしてアニマルパスウェイの開発が進められたのです。道路管理者の多くが地方自治体ですので、安価なパスウェイならば普及できると考えたのです。

大成建設ではアニマルパスウェイの開発と同時に、2005年よりヤマネ研究に重要な巣箱づくりのボランティアを始めました。現在は、毎年八ヶ岳が最も美しい冬の季節に、当社社員のみで実施しています。

清里高原の有料道路(2005年より無料)のヤマネブリッジ

清里高原の有料道路(2005年より無料)のヤマネブリッジ

冬の八ヶ岳

冬の八ヶ岳

本号から連載がスタートした特集「ニホンヤマネと大成建設」全5回のシリーズでは、このようなヤマネたち樹上性野生生物と私たちの活動をお伝えしてまいりますのでお楽しみに!!

やまねミュージアム