ホーム - 地図に残る仕事 - Vol.019 雷電廿六木橋

景色に溶け込む美しい橋脚 Vol.019 雷電廿六木橋

「橋」と聞いてどんな風景を思い出しますか

京都嵐山の「渡月橋」や岩国の「錦帯橋」など旅先で眺めた「橋」、ドライブで渡った「横浜ベイブリッジ」、隅田川下りの水上バスで通過した数々の橋など・・・
きっと誰もが記憶に残る「橋」の風景を持っているのではないでしょうか。

「橋」は私達の生活圏を広げたり、利便性を高めるなどの「恩恵」を与えてくれると同時に、橋を眺めたり、橋からの眺望を楽しむという「眺める楽しみ」を与えてくれます。

大成建設はさまざまな橋に関わる仕事をしていますが、今回は「記憶に残り」「地図にも残る」景色に溶け込む美しい橋をご紹介します。

雷電廿六木橋

雷電廿六木橋

軽やかなラインを作る
ループ

ループ

大成建設では、1993年に業界で初めて土木デザインを専門的に行う部署を発足し、ダム、橋梁、トンネルなど数々の土木施設の意匠や景観設計を手がけてきました。
上の写真の橋、美しいラインが描かれていると思いませんか?
1998年に竣工した奥秩父に作られた高架橋の雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)です。

雷電廿六木橋は、建設される滝沢ダムの付け替え道路として、ダム工事着工に先立って400m下流に建設が進められたものです。ダム上下流の約125mの高低差を結び、もとの地形をできるだけ改変しないなど自然環境の保全にも配慮することを目指していました。

この橋は「大滝大橋」「廿六木大橋」の二つの橋と地山を開いたアプローチ道路の三つの区間から構成されていますが、優美なラインを強調したいという意図から、全体がひとつの橋に見えるように景観設計が施されました。
まだ手つかずの自然が多く残る奥秩父の急峻な谷間をループ状に横切り、まるで緑の中に放たれたかのような一筋の繊細なラインが特徴となっています。

1 2