ホーム - 地図に残る仕事 - Vol.017 青函トンネル(前半)

世界最長の鉄道トンネル Vol.017 青函トンネル(前半)

本州と北海道を結ぶ「青函トンネル」

画像 1988年3月、本州と北海道を結ぶ「青函トンネル」が開業しました。
現在は北海道・本州の大動脈として、たくさんの貨物・旅客列車が走行しており、将来はフル規格の新幹線も走行が可能です。
海底部は23,3km、陸上部は30,55km、総延長53,85kmの鉄道トンネルとして世界最長のトンネルです。
のべ1400万人にのぼる作業員が携わり、工事期間は約24年間、日本の土木史上空前のスケールを誇る仕事となりました。
約54km、本州側と北海道側から掘削し海底下100mでトンネルを貫通させた日本の世界に誇る土木技術の一端をご確認下さい。

画像

津軽海峡の真下を掘る未知の世界に挑戦

画像 青函トンネルが完成するまでは本土と北海道の間の津軽海峡を青函連絡船が結び、主な交通手段とされてきました。しかしひとたび吹雪や台風が津軽海峡を通過すると、連絡船は欠航をよぎなくされ、多くの人々から天候に支配されない安全確実な交通網が切望されていました。1946年頃トンネル建設が可能かどうか国による調査が開始されました。

海底部の地質調査や海底の深いところまで調べるための弾性波探査や磁気による調査を行い、トンネル掘削のための新技術開発などあらゆる調査・研究がくりかえし慎重に行われました。
そんな中、1954年に乗客・乗員合わせて1175人が死亡するという痛ましい青函連絡船洞爺丸の遭難事故が起こり、青函トンネル計画が具体化されることとなります。しかし技術的に建設可能との結論が出されたのは1971年です。

画像

(拡大)

工区は9工区に分かれ、大成建設は北海道側の吉岡工区(14,7km)を担当することとなりました。吉岡工区は海の下、どうやって掘削が進められていったのでしょう?

1 2