ホーム - 地図に残る仕事 - Vol.006 JRセントラルタワーズ

ギネスブックも認証した世界最大の駅ビル。 Vol.006 JRセントラルタワーズ

20世紀最後の大事業・超高層立体都市
展望台(タワーズプラザ)

展望台(タワーズプラザ)

1999年12月、東洋一の規模を誇った旧名古屋駅舎の後を受け、「JRセントラルタワーズ」が竣工。
通称タワーズとも呼ばれて名古屋市の人々に愛されているこのビルは、その延床面積と高さから世界一大規模な駅ビルとして、ギネスブックにも認定された。

低層部には、1日に110万人もの人々が利用する駅機能はもちろん、百貨店、レストラン街、多目的ホールを有し、高層部にはそれぞれオフィス・ホテルの入った、200mを超すツインタワーが並び建つ。
名古屋のランドマークとして設計されたこのタワーは、見る角度によって表情を変える軽やかなデザインで、上空を通る航空機上からも一目でわかる。

ほかにも360度の眺望を楽しめる展望台、ヘリポート、駐車場などの施設に加え、12、13階のレストラン街には約200m2のインドアガーデンが造られた。ここではミストヴェールや音楽など心を癒す演出と共に、緑豊かな樹木や草花が楽しめる。
このセントラルタワーズに訪れる人々は、日に15万〜20万人。その数は近郊の市の総人口にも匹敵する。
駅ビルの概念を大きく超えた、「超高層立体都市」だ。

空中に浮かぶ「スカイストリート」
スカイストリート(15階)

スカイストリート(15階)

1階の駅コンコースから12基あるエレベーター「スカイシャトル」でオフィスタワー、ホテルタワーの両タワーへ続く15階へ上ると、ガラス張りの空中街路「スカイストリート」へつながる。

地上70mに位置するこの空中回廊は、巨大なガラスの箱が建物の外へ張り出すという、通行人の目を引く形にもなっている。眼下に広がる街並を見下ろす空中回廊にするため、設計にはさまざまな工夫が凝らされた。

延長約100mの空間を支える柱には、見た目にも威圧感のない、細身の円柱を採用した。とはいえ、防災上の安全性は犠牲にはできない。シミュレーション実験を繰り返し、チェックを重ね、監督官庁への特別申請も行われた。

屋上ヘリポート

屋上ヘリポート

ホテルタワー屋上に設置したヘリポートは、一部が鉄道側上空にせり出した形になっている。ボトル一本でも落とせば大事故につながりかねなかった。
そこで「ヘリポート押し出し工法」を採った。危険の少ない屋上で最終の仕上げまでを作業し、それをレールに載せて正規の位置まで押し出す。
地震など不測の事態にも備えていたが、なにしろ地上226mの高さでの作業。非常に緊張する作業だった。

工事中もさまざまな角度から環境や美観への配慮を行い、街の上にそびえるもうひとつの街として、作業員全員が細心の注意を怠らずに作業を行った。
1991年にプロジェクトが立ち上がり、完成まで10年。これだけの大規模工事にもかかわらず、重大災害ゼロで作業を終えられたのは、工事に携わったすべての人々の、並々ならぬ努力の賜物だった。

1 2