ホーム - 地図に残る仕事 - Vol.003 札幌ドーム

雪と共生して築かれる雪国のドーム。 Vol.003 札幌ドーム

3年の工期のうち1年間は雪の中
内部工事の様子

内部工事の様子

札幌市の郊外、クラーク博士の銅像が建つ羊ヶ丘の北麓で、2002年のワールドカップ開催に合わせ札幌ドームの建設が進められました。北海道初の大型ドームは、世界で初めて導入されたホヴァリングステージによって、野球やイベントだけでなく、サッカーの試合までもがドーム内で開催可能となっているほか、雪を積もりにくくしたシェル型の屋根を採用したり、ドーム西側に防風・防雪林を配置するなど、雪国の気候に十分備えている。しかし、工事は雪との闘い抜きには語れないものとなった。

造成の様子

造成の様子

外観工事の様子

外観工事の様子

朝川和憲 作業所長

朝川和憲 作業所長

「3年という工期の中で冬が3回訪れるわけですが、札幌では12月から3月の4カ月間は積雪のため、トータルすると工期中1年は雪の中。つまり雪や凍結の影響を受けずに自由に作業ができるのは毎年4月から11月までの実質2年なのです。そうした雪と工程の調整が非常に難しい工事となりました」と朝川和憲作業所長は雪に悩まされた工事を振り返る。

「特に屋根を支える鉄骨の建方や屋根の取り付けは、雪の中では非常に困難な作業であるため、雪の降らない8カ月の間に終わらせなければなりませんでした。そのためには屋根鉄骨の前段階までは冬期間にすませる必要があり、30,000m3を超えるコンクリートを厳冬期に打設するため、寒中コンクリートの品質管理には特に気を使いました。

また、屋根下のテンションリングには極厚のH鋼が使われており、厳冬期に行う溶接の問題点を解決するため実大モデルによる実験や、冬期間のシール施工実験、屋根上の雪の落雪状況を検証するための実験など、積雪寒冷地ならではの実験を数多く行いました」と朝川作業所長。また、初年度は例年になく早い積雪、翌年は観測史上に残る大雪、そして3年目は例年にない寒さと毎年厳しい気候に見舞われたという。

そうした気候はサッカーグラウンドの天然芝の育成・計画にも影響をもたらした。

「サッカーの天然芝グラウンドも、すぐに使用できる状態でお客さまに引き渡さねばならないため、逆算すると2000年の8月1日に芝の種をまいておく必要がありました。そこで、ホヴァリングステージの着工を早めるために除雪を行い、さらに工業化、部材のユニット化などあらゆる省力化を図りましたが、それでも昼夜交代制の施工になりました。また、天然芝は当社のノウハウによる種子設計(配合)を行った寒冷地型のものになっています」
(中田慎吾工事次長)

1 2