ホーム - お客様の声 - その他サービス - 三菱商事株式会社

画像

人とサーバーの複合拠点として、お客様の多様なニーズにお応えするデータセンター事業を展開してまいります。

三菱商事株式会社
ITサービス事業本部 ITサービス事業企画部 ITO事業チームリーダー 小川 浩史 様

分野

その他サービス

三菱商事株式会社様は東京都三鷹市に、都内で2棟目となる新データセンター「MCC三鷹ビル サウス棟」を大成建設の設計・施工で建設し、2013年10月よりサービスを開始されています。
同じ敷地には、既存のデータセンター「MCC三鷹ビルノース棟」が隣接しており、2棟を併せた総延床面積は約40,000m2と、都心近郊で有数の規模を誇ります。

画像

三菱商事株式会社 ITサービス事業本部 ITサービス事業企画部 ITO事業チームリーダー 小川 浩史様にお話しを伺いました。

─今回のプロジェクトでは、どのようなデータセンターを目指されましたか?

高性能であることはもちろん、高い耐災害性、安全性を確保し、高レベルな環境性能とお客様の多様なニーズに対応できる柔軟性を追求する一方で、高いコストパフォーマンスを実現するデータセンターの構築を目指しました。

サーバールーム

サーバールーム

最新型の免震システム「ハイブリッドTASS」を採用

最新型の免震システム「ハイブリッドTASS」を採用

─「直接外気冷房システム」を採用した都市型のデータセンターとしては、国内初の事例となります。
外気冷房の利用等により、最高効率時でPUE1.22を実現します

外気冷房の利用等により、最高効率時でPUE1.22を実現します

外気冷房システムの実績を有する大成建設の提案でしたので、安心して採用することができました。外気冷房システムを採用し、高い環境性能を確立することで、エコで低コストな運用を実現しています。従来の都市型データセンターに比べ、消費電力を約3割削減できる見込みです。
また、必要に応じて段階的に実装できる設計とし、余剰な初期投資を抑制するなど最新鋭の仕様と高いコスト競争力を両立することが出来ました。

─数社の中から、大成建設をパートナーに選定いただけた理由はどのようなことでしたか?

工期や収納ラック数など様々な要求事項を単に満たしただけでなく、外気冷房システムなど一層踏み込んだ提案をしていただきました。大成建設は、すでに郊外において直接外気冷房システムの実績を有しており、今回、都市型データセンターとしては初めて採用するにあたり、選定後も設計ミーティングを通じて、私共の懸念や疑問に真摯に向き合いながら、一緒にプロジェクトを進めていただきました。

─工事中の現場の対応はいかがでしたか?

画像現場には何度も足を運びまして、非常に連携の取れている印象を受けました。約13ヶ月の工期で、建物のボリュームを考えますとかなりタイトスケジュールだったと思いますが、安全に予定通り工程を進めてくださり、感謝しています。

─排気ダクトや給気フードなど、外壁に付属される機能をデザインの一部に融合する工夫も実現されました。

データセンターは、セキュリティの確保という観点から、窓を設けないなど外に閉じられた建物として設計されます。今回の計画地は、東京/三鷹市に広がる住宅街の一角でしたので、周囲に溶け込みつつ、次世代のデータセンターとしてふさわしい存在感のあるデザインを形にしていただきました。

「空」を映しこむ外装

「空」を映しこむ外装

─御社では、今後どのようなデータセンター事業を展開していかれますか。

「MCC三鷹ビルサウス棟」は、三鷹に事業用地を確保して30年という節目の年に竣工しました。既存のデータセンター「MCC三鷹ビルノース棟」を併せた2棟の総延床面積は約40,000m2と、都心近郊で有数の規模を誇ります。サウス棟がサーバールームに特化した建物である一方、ノース棟はサーバールームとオフィスの両用途に利用することができます。2棟をあわせて、人とサーバーの複合拠点として運用することにより、それぞれの利点をお客様に選んでいただける環境が整いました。
長年培ってきたデータセンター運用における実績、ノウハウを活かし、これからも様々なお客様のニーズにお応えする高品質なサービスを提供して参ります。

─どうも有難うございました。

(取材日 2014年3月)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

特集 データセンター特集 三菱商事株式会社様 MCC三鷹ビル サウス棟

最新鋭の都市型データセンターを建設したい。

同じ分野の事例を見る