ホーム - お客様の声 - オフィス - 株式会社三陽商会

画像

プロフェッショナルな“ものづくり精神”のもと、本社ビルは見事に生まれ変わりました。

株式会社三陽商会
取締役 兼 常務執行役員 佐久間 睦 様
人事総務本部 総務部長 髙﨑 三千夫 様

分野

オフィス, その他サービス

総合ファッションアパレル企業として、1942年の創業より受け継がれてきた「真・善・美」の精神を企業活動のすべての規範とし、ファッションを通じて美しく豊かな生活文化を創造することで社会の発展に貢献されている株式会社三陽商会様。

画像
夕景

夕景

築40年を経る本社ビルをこれからも安全かつ快適に活用していくため、建物の「安全性・機能性・デザイン性」に付加価値をもたらすリニューアルを行いました。 株式会社三陽商会 取締役 兼 常務執行役員 佐久間 睦様と、人事総務本部 総務部長 髙﨑 三千夫様にお話しを伺いました。

株式会社三陽商会 取締役 兼 常務執行役員 佐久間 睦 様

株式会社三陽商会
取締役 兼 常務執行役員
佐久間 睦 様

株式会社三陽商会 人事総務本部 総務部長 髙﨑 三千夫 様

株式会社三陽商会
人事総務本部 総務部長
髙﨑 三千夫 様

─「本社ビルをリニューアルして使い続ける」ことに決められた背景には、どのような経緯があったのですか?

佐久間様:
当社は1942年に千代田区の神田に創業し、総合アパレルメーカーへと成長していく過程において1969年に新宿区の四ツ谷駅近くの本塩町に自社ビルを建設しました。以来、長年にわたり本社ビルとして使用しており、当社と四ツ谷を結び付けてイメージされるお客様やお取引先様は多くいらっしゃいます。本社ビルに愛着を持っている社員は多く、自社ビルゆえに自分たちの都合に合わせて好きなように使えるメリットも感じており、今後も本社ビルを活用していきたいと考えていました。

髙﨑様:
本社ビルの今後の運用について大成建設と意見交換をさせていただく中で、建替えやリニューアルなどいくつも選択肢を挙げて検討しました。その結果、「適切なリニューアルを行えば、建物の安全性の確保はもちろん、機能性やデザイン性などを刷新し、旧くなったビルに付加価値をもたらすことができる」と確信することができ、本社ビルをリニューアルすることに決めました。

─今回のリニューアルでは、BCP(事業継続計画)への対応を最優先課題とされました。

佐久間様:
本社ビルを今後も安全かつ安心して使い続けるためには、耐震診断・補強を行い、建物の安全性を確保することが最優先であると認識しておりました。その上で、アパレル企業のオフィスビルとして相応しい機能性やデザインを形にするにはどのようなプランが考えられるのか、大成建設とともに検討を重ねました。

─リニューアルを行ったことで、どのような効果を実感されていますか?

佐久間様:
耐震性能の向上とともにデザイン性を付加する耐震補強技術「T-Grid」によって“魅せるエントランス”へと進化したエントランス周りは、アパレル会社の顔としてふさわしい仕上がりです。社員はもとより、来訪されるお客様やお取引先様からも大変好評であり、イメージアップにつながっています。

エントランスに続く1階ロビー

エントランスに続く1階ロビー(右側の壁にT-Gridを採用)

画像

画像髙﨑様:
社員が自らの“創り出す力”を最大限に発揮できるよう、働きやすい環境を整えることができました。例えば、執務室の床のOAフロア化に伴い従来の天井高が低くなってしまうところを工夫し、一部の執務室において既存の天井を取り払う「天井レス化」を採用することで、空間の広がりを確保しました。
「室内で長時間立ち仕事をしていても、圧迫感を感じることなく業務に集中できる」と社員も喜んでいます。

─大成建設の提案内容について、ご評価いただけたポイントは何でしょう。

髙﨑様:
大成建設は、洋服を創る会社である当社の「ものづくり」にかけるこだわりと情熱を十分に理解し、コストや工期など限られた制約の中で、私たちが建物に求める機能性やデザインを具現化するには「建物のどこを、どのように改修すべきか」という視点で適材適所にリニューアル提案を行ってくださいました。私たちの要求を真摯に受け止め、高度な技術と徹底した“ものづくり精神”で、本社ビルを見事に生まれ変わらせてくださり、感謝しています。

─プロジェクトを振り返って、一言お願いします。

佐久間様:
オール大成のチームワークのもと、工事中の安全管理なども含め、慎重かつ迅速にプロジェクトを進めてくださいました。蓋を開けてみないと分からないことが多いというリニューアル工事の難しさをものともせず、私たちの要求に十分に応えてくださいました。

髙﨑様:
プロジェクトを通じて、大成建設はとても真面目で律儀な社風だと思いました。私たちが「これで良い。」と思うことでも、念入りに確認して回答するという姿勢で応じてくださいますので、いつも安心してお任せすることができました。
洋服をつくることも、建物をつくることも、プロフェッショナルな「ものづくり精神」に支えられています。大成建設には、これからも卓越したものづくりで、お客様一人一人のニーズに応えていってほしいと思います。

左より、遠藤(本社営業担当)、髙﨑部長、東宮(本社設計担当)

左より、遠藤(本社営業担当)、髙﨑部長、東宮(本社設計担当)

─どうも有難うございました。

(取材日 2013年4月25日)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[人のための施設]

株式会社三陽商会 本社ビル

築40年の本社ビルを使い続けるため、安全性・機能性・デザイン性をバリューアップしたい。

同じ分野の事例を見る