ホーム - お客様の声 - 医療・福祉 - 医療法人社団 慈誠会

画像

医療と建築のプロが二人三脚で、患者さまに最良なリハビリテーション医療を展開する新病院を完成しました。

医療法人社団 慈誠会
専務理事 大畑 広次 様

分野

医療・福祉

画像

(拡大)

医療法人社団 慈誠会様のあゆみは、1953年(昭和28年)に当時の総院長(大畑信子先生)が板橋区常盤台に大畑医院を開院したことに始まります。
現在、板橋区を中心に、療養病床や回復期病床などを備える9つの病院と介護老人保健施設、老人ホームなどを運営し、保健や介護福祉を含む全人的かつ包括的な医療を提供されています。

回復期などのリハビリテーション医療にも早くから力を入れており、2014年5月に「練馬駅リハビリテーション病院」を開院されました。医療法人社団 慈誠会 専務理事 大畑 広次様にお話しを伺いました。

「練馬駅リハビリテーション病院」は、練馬駅北口から徒歩1分の場所にグランドオープンした官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」の5〜8階に開院した、区内初のリハビリテーション病院です
「練馬駅リハビリテーション病院」は、練馬駅北口から徒歩1分の場所にグランドオープンした官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」の5〜8階に開院した、区内初のリハビリテーション病院です

「練馬駅リハビリテーション病院」は、練馬駅北口から徒歩1分の場所にグランドオープンした官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」の5〜8階に開院した、区内初のリハビリテーション病院です

※2014年4月にグランドオープンした練馬区の新たな拠点施設「Coconeri(ココネリ)」は、練馬区によるプロポーザル方式の事業者公募の結果、日立キャピタル株式会社を代表事業者とし、その構成員に大成建設を含む「日立キャピタルグループ」が事業者に選定されました。

─新病院の開院を決められた背景を教えてください。

1964年に慈誠会が発足して以来、高齢化社会における様々な要請にいち早く対応するため、リハビリテーション医療にも力を入れてきました。回復期や脳血管疾患などのリハビリテーション中心の療養型病院として実績を上げ、「リハビリテーションの慈誠会」として多様なニーズに応えるための体制づくりを進めております。
その一環として、回復期リハビリテーション病棟の必要性が高い練馬区に、新拠点となる「練馬駅リハビリテーション病院」を開院いたしました。

─慈誠会グループ様の病院はすべて日本リハビリテーション医学会の登録施設です。
今回のプロジェクトでは、各院で培ってこられたノウハウを病棟計画に反映されました。

病棟計画を立てる際には、各院の専門スタッフと大成建設さんのプロジェクト担当者が対話を重ねながら、病院機能として求められる要素を計画に反映していきました。患者さまの自立を支援し元の生活に送り出すことを目標に、患者さまにとって「専門性の高い実践的なリハビリテーションを行える」、「快適な療養生活を送ることができる」環境づくりを大切にしています。

─具体的には、どのような病棟環境を構築されましたか?
リハビリテーション室

リハビリテーション室

例えば、リハビリテーション室はワンフロアで広々と確保し、室内の一部には言語療法室を8室、住宅環境を模したADL(日常生活動作)室を完備しました。オープンで視認性の高いリハビリテーション室では、医師や看護師、理学療法士など各スタッフがリハビリに取り組む患者さまの様子を確認しやすく、また、スタッフと患者さま、スタッフ同士間での連携が生まれやすいため、より効果的なリハビリプランを実行できます。

─当社の提案やソリューションについて、どのようにご評価いただけていますか?
病室

病室

大成建設さんの、特に医療福祉本部が中心となって、練馬区の医療環境や市場、今後も増加傾向にある高齢者数などを詳細に調査・分析し、数値化したデータや検証内容を提示してくださいました。回復期リハビリテーション病棟の運営が事業として成立することの確実性について、納得できる材料を用意していただいたおかげで、当グループが初めて練馬区に開院することの意義を確信することができました。

また、設計の観点から言いますと、自然採光の取り方や眺望を意識したレイアウト、色彩の使い方など、居住性を良くするための工夫が院内の隅々に施されています。大成建設さんは、私たちと二人三脚で、医療のプロの意見を設計に盛り込みつつ、建築のプロの目線で機能的かつ居心地の良い病院をつくってくださいました。

食堂・談話コーナー

食堂・談話コーナー

露天風呂

露天風呂

─患者さまやスタッフの方々からは、どのような声が聞かれますか?
テラス

テラス

患者さまからは、「眺めが良く、明るい気持ちで過ごすことができて良い」との感想をいただいています。一方、スタッフからは、「居住性に配慮した居心地の良い病棟環境は、患者さま同士の交流が活性化する一助になっている」という意見が寄せられ、私たちのこだわりが功を奏しているのだと思います。

─今後、慈誠会グループ様ではどのような取り組みを展開されますか。

周辺地域の皆さまに最適な医療を提供していくことはもちろん、医療環境の整備が求められる地域において、当グループのノウハウを必要としているところがあれば、どのような方法で協力できるかを前向きに検討していきます。今回のプロジェクトを通して、大成建設さんには、有益な情報を収集する力や的確な分析能力、様々なプロフェッショナルの協働によるソリューション力が結集していることを実感しました。今後も色々な形で保有されている情報、ノウハウをご提供いただければと思います。

―どうも有難うございました。

(取材日 2015年2月)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[人のための施設]

医療法人社団 慈誠会 練馬駅リハビリテーション病院

リハビリテーション医療を必要とする地域に開院し、高齢化社会を見据えた医療環境の充実に貢献したい。

画像

事例ライブラリ[人のための施設]

東京都練馬区 官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」

官民連携のもと、練馬区の発展に寄与する新拠点をつくりたい。

画像

お客様の声

日立キャピタルコミュニティ株式会社
取締役社長 荒 健 様

事業パートナーとして幅広い情報網と調査力・企画力を駆使し、良案を提示いただきました。

画像

お客様の声

東京都練馬区
区民生活事業本部 産業経済部 経済課長 米 芳久 様

複合施設のメリットを最大限に引き出す施設づくりを行っていただきました。

同じ分野の事例を見る