ホーム - お客様の声 - 医療・福祉 - 医療法人社団 研仁会 北海道脳神経外科記念病院

画像

高度な急性期治療から生活復帰まで。患者さまに手厚い医療を提供してまいります。

医療法人社団 研仁会 北海道脳神経外科記念病院
理事 事務長 三森 政自 様

分野

医療・福祉

医療法人社団 研仁会 北海道脳神経外科記念病院は、2012年4月に大成建設の設計・施工により新病院を建設し、旧病院から移転しました。
「患者様第一」を基本理念とし、患者さまとご家族の方々に「安心」と「満足」を提供する急性期病院として、高度先進医療の推進および地域医療への貢献に取り組まれています。
理事 事務長の三森 政自様にお話しを伺いました。

※急性期病院とは、急性疾患または重症患者に対し24時間体制で高度な専門医療を提供する病院のこと。

外観

外観

─院内は窓が多く、とても明るくて快適ですね。

清潔感のある白を基調に、外観・内装ともスタイリッシュなデザインにしてもらいました。患者さま、スタッフともに新しくきれいになった病院をとても喜んでいます。

診察室

診察室

放射線受付

放射線受付

─新病院を建設された経緯を教えていただけますか。

約30年前に開設した旧病院は老朽化が進み、新しい基準に合わせて廊下幅や患者さま1人当たりの病床面積などを見直す必要も出てきました。療養環境を整備するため、新病院を建設し機能を移転することを検討するようになりました。

─どのような病院づくりを目指されましたか?

患者さまやスタッフにより良い環境を提供するとともに、今後求められる急性期病院の機能を強化したいと考えていました。経営力アップにつながる施設づくりという意味でも、新病院について色々とイメージはしていました。
数社からアプローチを受ける中、大成建設だけが、イメージを具体化するために必要な情報、数値などを全て調べて分かりやすく提示してくれましたので、すでに院内で検証していた内容が正しいという裏付けが取れ、安心してプロジェクトを進めることができました。

─特にどのような点を評価いただいていますか。

建設予定地周辺の人口統計や将来の推移などマーケティングリサーチを行い、その結果をもとに、病院経営に踏み込んだコンサルティングで将来の病院づくりのために必要な資料を提供してくれたことが、大成建設をパートナーに選んだ最大のポイントです。
例えば、病棟構成や病床数を組み替えて事業収支をシミュレーションし、それぞれの経営効率を比較・検討しました。具体的な数値を出してもらうことで、自分がイメージしている病院づくりの正当性や見直す点を明らかにすることができました。新病院のあるべき姿も、より明確になりました。

─今回のプロジェクトでは、回復期リハビリテーション病棟を新設されました。
リハビリテーション室

リハビリテーション室

当院が治療を行う病気の多くは、早期診断、早期治療、きめ細かな看護、さらには機能回復のため早期からのリハビリテーションが求められます。
患者さまが入院して退院するまで同じ病院で過ごし、安心してリハビリテーションを行っていただけるように回復期リハビリテーション病棟を新設しました。ゆったりとしたスペース、きれいで清潔な空間で行えるリハビリテーションは、患者さまにとって最適な環境を実現できたのではないかと思います。

─厨房作業環境の改善などにも、新たに取り組まれましたね。
厨房

厨房

病院を建てる機会は滅多にありません。せっかく建てるなら一流の病院にしたいと思い、メリットがあると思えることはできる限り実現しました。その一例として、厨房設備にニュークックチルシステムを導入し作業の効率化を図りました。温度管理が行いやすくなったとスタッフに好評です。
患者さまからも食事に関するクレームはほとんど無くなりました。

新病院での新たな取組み

─今後、どのように新病院を展開したいとお考えですか。

画像療養環境を整備し診療機能を強化するなど、生まれ変わった新病院では、病気の急性期治療から患者さまの生活復帰まで、手厚い医療を提供してまいります。
病院経営を取り巻く環境は厳しく、それに伴って発生する課題は様々です。これからも大成建設には、医療福祉分野に注力する建設およびコンサルティング力を十分に発揮していってもらいたいと思います。

―どうも有難うございました。

(取材日 2012年8月24日)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[人のための施設]

医療法人社団 研仁会 北海道脳神経外科記念病院

高度専門医療への取り組みを強化し、患者さまやスタッフにより良い環境を提供したい。

同じ分野の事例を見る