ホーム - お客様の声 - 食品 - 株式会社岩村製餡工場

画像

工場操業から4年目に入った現在でも、何ら不具合はありません。自信をもって工場をご覧いただいています。

株式会社岩村製餡工場
代表取締役 岩村 嘉也 様

分野

食品

「床のメンテナンス・補修が大変」
「床のひび割れや欠けが多く、不衛生だ」
「滑りやすく作業性が悪いので安心して作業がしたい」
こんな食品工場の現場の声をお聞きし、あらゆる食品工場の床を知りつくした大成建設が開発した『全溶接ステンレスフロア』。
最近では全国各地で導入事例が増えてきています。

そこで以前『WEB.LIBRARY.TAISEI』でご紹介した福島県会津若松市にある株式会社岩村製餡工場様を訪ね、『全溶接ステンレスフロア』をはじめ、現在の状況をお伺いしました。

外観

外観

─工場が操業されて4年目に入りましたが、その間に事業環境に大きな変化はありましたか?
岩村製餡工場外部サイン

岩村製餡工場外部サイン

まずは原材料・資材の価格上昇がありました。特に石油価格、砂糖の価格上昇は我々製餡業界には逆風でした。しかし、これを機会として、無駄の排除・生産効率の向上という課題にはより一層取り組むことができました。

また「食の安全」への意識が社会的にさらに高まったのではないかと肌で感じています。新規の取引を検討されている客先は必ずといって良いほど製造現場を視察に来られます。そういう意味でも、胸を張って客先にお見せできるこの工場を建設して良かったと強く感じています。

─今、お話に出た「食の安全」ですが、御社ではどのようなことに留意し、取り組んでおられますか?

我々製餡業は、食品事故を起こしてしまった場合、納入している菓子メーカー様のブランドに傷をつけてしまうという責任ある立場にいます。その点では常に緊張感を持って事業に取り組んでいます。
工場というハードは大変良いものができましたので、それをしっかりと維持・管理していく体制を整え、社員一同、高い意識で毎日の業務に精励するように心掛けています。

─この新工場を生かした何か新しい取り組みはされていますか?

もちろん当社は製餡業ですので、従来の「餡(あん)」というコアを大切にして、餡の世界における新しい取り組みにはずっと挑戦しています。

しかし、衛生レベルの高い工場という基盤が構築できましたので、それを生かして、餡以外のチルド製品づくりにも取り組み、お蔭様で餡づくりのこだわりを生かした高品質なカスタードづくりに成功し、地元ではそれを使用した商品が大ヒットしました。
これもこの工場があったからこそと思っています。

─4年目に入ったこの工場ですが、現在の状況は?

稼動状況はお蔭様で順調に推移しています。特に大きな不具合もなく、品質面・性能面ともに満足しています。大成建設さんのアドバイスで作り込んだ工場なので、コンセプトとして大きく違っていたという点もなく、最初からいろいろとお手伝いいただいたことが結果的に大変良かったと感じています。

建設コスト面から製造エリアの一部にしか導入できなかった『全溶接ステンレスフロア』については、全面に導入したかったというのが正直な思いです。

─働かれている従業員の方々の評判は?

あらゆる点でレベルの高い工場が建設できましたので、そこで働く従業員の意識も必然的に高まり、モチベーションにも良い影響を及ぼしていると思います。清掃のしやすさ、快適性など、以前の工場に比較すれば雲泥の差があると感じています。
特に『全溶接ステンレスフロア』は、立ち仕事が多い従業員からは滑りにくいので楽だと大変評判です。

─新工場が取引先との関係で役立ったことは?

さきほどもお話しした通り、新しく取引を検討されているお客さまは製造現場を視察に来られます。
旧工場の頃は、工場に視察に来られると聞くと大変憂鬱な気持ちになったものでした。ところが今では“どうぞご覧下さい”という気持ちでお迎えすることができるようになりました。

この工場をお見せすることで当社の取り組みをご納得いただき、ここなら安心できるという信頼感を生み、新しい取引を始めさせていただくことにもつながっています。

─この工場のアピールポイントでもある『全溶接ステンレスフロア』ですが、4年目に入っていかがですか?

餡の製造は熱湯・砂糖を使用するなど、工場の床にとっては厳しいことばかりです。正直いってイニシャルコストは高かったですが、衛生面・快適性・メンテナンスフリーなどで、長所がたくさんあることは理解していましたので、導入することにしました。

熱による伸縮についても、大成建設さんの技術センターでの実証実験で大丈夫だという裏付けもいただいておりましたので、安心して導入しました。実際は4年目に入った現在でも、何ら不具合はありません。

SUS床

SUS床

作業場

作業場

─イニシャルコストとメンテナンス費用を比較して、導入したことは結果的に良かったとお考えですか?

工場の床に対して厳しい環境ともいえる製餡工場では、床の補修が必要なくメンテナンスフリーというのはこの上なくすばらしいことです。働いている従業員から「滑りにくく作業が楽にできる」と評判も上々で、あらゆる面で導入したことは良かったと思います。

─今後、大成建設に期待されることは?

工場建設プロジェクトを通して、大成建設さんにはさまざまなアドバイスをいただき、大変助かりました。40年近くにわたって食品エンジニアリングに取り組んで来られただけあって、さまざまな技術・ノウハウをお持ちだと思いました。
今後はこうした能力を全国各地の地元食品企業にも活かしていただき、食品業界全体のレベル向上に貢献してほしいと願います。

画像

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

株式会社岩村製餡工場

床の補修のためにラインを止めたくない。

同じ分野の事例を見る