ホーム - お客様の声 - 食品 - 財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団

画像

インスタントラーメンの歴史と体験型の展示を通して、より多くのお客様に発明・発見の大切さをお伝えしたい。

財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
常務理事 安藤 徳隆 様

分野

食品

インスタントラーメンは現在世界で年間700億食も食べられています。現在では身近な食べ物になっており、また近年多発している自然災害発生時には援助物資として被災地に届けられるという大切な役割も担っています。

47年前、一人の日本人の粘り強い研究によって生まれた発明が世界に広がっていったという「知恵」と「アイデア」と「考える力の大切さ」を、小さなお子様達にも伝えていくためにこの記念館は作られました。
また、インスタントラーメンを作るという原体験を持ってもらうことで、インスタントラーメンを理解してもらう場ともしています。
「チキンラーメン手作り体験工房」はもちろん、カップヌードルの発明にいたるひらめきのエピソードや製造工程を迫力ある大画面で体感できる「カップヌードル・ドラマシアター」、スープや具を選んで味を組み立て世界にひとつだけのオリジナルカップヌードルを作れる「マイカップヌードル・ファクトリー」等、工場に行かなくても製造と発明の歴史の両方がわかるという施設になっています。

記念館を作るにあたっては、私達の思い入れを形にしていただくために、無理難題をお願いした点もありましたが、時間がない中、納得のいく形にしていただけました。
外観も好評で「誰がデザインしたの?」と尋ねられることもあります。
小さなお子様から楽しめるというコンセプトでデザインしていただきましたので、安全性にも気を使い、明るい館内で清潔感がある施設となっています。

特に明るいと好評なのが、一階の一番奥にあるテイスティングルームです。大きなガラスで中庭が見渡せるため、地域限定商品や東日本・西日本の商品(きつねうどんの「どん兵衛」)の味比べなどをしていただきながら、休憩されている方が多いです。

大成建設には、我々の思いを形にしてもらいましたが、今後はさらに、私達が驚くような提案をしていただければと期待しています。

外観

外観

館内

館内

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[人のための施設]

インスタントラーメン発明記念館

「すぐおいしい。すごくおいしい。」インスタントラーメンの歴史と体験型の展示を通して、より多くのお客様に発明・発見の大切さをお伝えするためにも施設を増築したい。

同じ分野の事例を見る