ホーム - お客様の声 - 電子デバイス - 株式会社 サンリッツ 入善工場

画像

トータルエンジニアリングでここまで細やかにやっていただけるとは思っていませんでした。

株式会社 サンリッツ 入善工場
工場長 北林 雄二 様

分野

電子デバイス

「水キラキラ町いきいき入善」これは、日本で有数の扇状地に位置する富山県入善町のキャッチフレーズです。
地盤がよく、水がよいこの土地に新工場を建設されたのが、日本における偏光板開発・製造分野のパイオニア企業 株式会社サンリッツ様です。

JR北陸本線の入善駅から徒歩10分、建物に近づくほどに工場の大きさを実感します。2007年6月入善工場 北林工場長にお話を伺いました。

外観

外観

─新工場が竣工して約1年、現状はいかがですか。

お蔭様で大きなトラブルもなく、順調に稼動しています。
この新工場は、既存工場の問題点を徹底的に洗い出した上で、それを改善していくという手法によって構築しましたので、結果的に満足のいく工場になりました。

─計画から生産開始まで14ヶ月、これだけの大きな工場としてはかなりの短い立ち上げ期間ですね。

生産開始時期が決定しており、とにかく時間との勝負であり、手戻りは絶対に許されませんでした。
以前の工場建設の際は、設計・施工・生産設備のエンジニアリングをすべて別々の会社に発注しており、その際には、工場建屋と生産設備を上手くコラボレーションすることが大変で、発注者側としてもその調整にかなり労力を使いました。

その点、工場建屋と生産設備をすべてトータルにコーディネートし、それを現実にしっかりと作り込んでくださった大成建設さんのトータルエンジニアリングでお願いしていなければ、とてもこの短期間では完成できなかったと実感しています。

─どのようにプロジェクトを進められたのですか。
  1. 既存工場の問題点を管理者からラインの担当者まで幅広くヒヤリング
  2. 問題点を洗い出し
  3. チェックリストを作成し、その内容をサンリッツ・大成建設双方で確認し合う

という進め方でした。

その結果、新工場における生産設備のレイアウトや使い勝手にサンリッツ社員の意見が十分に反映されることになりました。そして工場構築に従事した社員自身が、現状の生産ラインの管理業務も行っていますので、結果的に社員の認識レベルが同じになり、運用面でもメリットがありました。

エントランス

エントランス

TAC処理室

TAC処理室

自動倉庫開口部

自動倉庫開口部

実験室

実験室

─今回のプロジェクトの中において、大成建設のトータルエンジニアリングで特に良かった点は何でしょうか。

自動化をメインにした効率の良い工場を目指していましたので、建物と設備の取り合いという面で、すばらしいトータル・コーディネートをしていただけました。

このような大きな工場の中で高い生産効率性を実現しようとすると、大きな生産装置や搬送システムの配置をcm単位で確実に計画することが非常に重要になってきますし、機械を搬入するタイミングも工期に影響を与えかねません。トータルエンジニアリングだったことで、取り合い部分の重複を削減し、短期間でシステムの構築が可能になったと思います。

─プロジェクトを通して大成建設の働きぶりはいかがでしたか。

スーパーゼネコンとしての大成建設さんは良く知っていましたので、建設力という点では不安はもちろんありませんでした。

しかし、正直言って、一緒にプロジェクトをやらせていただいて、建屋の建設のみならず、生産設備までも工場全体をトータルに構築する大成建設のトータルエンジニアリング力で、ここまで細やかに対応していただけるとは思っていませんでした。

我々は、工場建設に関してはイメージでしか語れませんでしたが、大成建設の設計担当者が模型や絵を用いて具現化して下さったので、お互いの相違点なども認識し易く、本当に助かりました。

─今後大成建設にはどのようなことを期待したいですか。

今回の工場の建設で、大成建設さんにも新しい発見があったと思います。
その発見を生かしつつ、新たな発想でよりよい工場を総合エンジニアリング力で提案していただきたいと思っています。

我々自身は、自分の業界のことは良く理解していますが、トータルにいろいろな情報を収集するにはやはり限界があります。
そういった意味でも活発な情報交換を行っていければと考えています。

─本日はありがとうございました。
航空写真

航空写真

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

株式会社 サンリッツ 入善工場

製品品質向上と生産の高効率化をめざして新しい発想の革新的な生産システムを超短工期で構築したい。

同じ分野の事例を見る