ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 医薬品 - 埼玉第一製薬株式会社(現 ニプロパッチ株式会社) 春日部工場

画像

生産ラインを止めずに工場を再構築できました。

埼玉第一製薬株式会社(現 ニプロパッチ株式会社) 春日部工場

分野

医薬品

課題

衛生環境整備, 新工場計画

工場再構築のきっかけ

埼玉第一製薬(株)は成型パップ剤を日本で初めて商品化した渡辺薬品工業(株)を前身としています。
1967年の操業開始以来、業容の拡大に伴って敷地の買い増し、増築等を重ねてきましたが、施設全体が老朽化し、GMP(適正製造基準)に対応困難になってきたため1989年全面的に改築することとなりました。

その際、移転も含めて様々な検討がなされましたが、従業員の雇用問題もあり、最終的に現有地での改築ということになりました。
既に敷地いっぱいに施設利用されている上、生産機能はストップできないという難しい条件が重なり、短工期で新工場を立ち上げることが必須となりました。

管理厚生棟(外観)

管理厚生棟(外観)

管理厚生棟(玄関)

管理厚生棟(玄関)

1 2