ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 医薬品, その他(製造業) - 先端医療・医薬品施設ソリューション

画像

再生医療、バイオ医薬、中分子医薬、核酸医薬など、次世代の医療・医薬品施設のソリューションを提案

先端医療・医薬品施設ソリューション

分野

医薬品, その他(製造業)

課題

研究施設, ワンストップサービス, 新工場計画

近年、従来の技術では治療が困難であった疾患に対する効果的な治療方法として再生医療が世界中で注目されています。また、低分子医薬品に比べ副作用が少なく、高い効果が期待できるバイオ医薬品に対する市場のニーズも年々高まっています。さらに、中分子医薬品、核酸医薬品、複合医薬品など、新たな医療・医薬技術が次々に実現しつつあります。
このような情勢の中、わが国でも先端医療・医薬品の製造や運用に関する法整備がなされ、施設の整備には高い知識と厳格な運用が求められるようになりました。

大成建設では、お客様のニーズに的確にお応えするために、この度、専門のチームを組織し、質の高い施設をご提供できる体制を整えました。

大成建設の先端医療・医薬品施設エンジニアリング

対象となる施設の一例

大成建設では、これまでに培った技術と、数多くの医療施設・医薬品製造施設の建設によるノウハウで、様々な用途に合わせた施設づくりをサポートします。

  • 再生医療新法届出の院内CPF
  • 再生医療新法許可の受託CPF
  • 薬機法の再生医療等製品の製造施設(GCTP対応)
  • ワクチン製造施設(微生物培養、細胞培養)
  • 抗体医薬品製造施設(細胞培養、植物栽培、動物飼育)
  • ADC製造施設
  • 中分子ペプチド製造施設

トータルエンジニアリング

社内にエンジニアリング・設計・施工の専門部門を備えることで、基本計画から設計、施工、運用サポートまで1社でフルフェーズに対応が可能です。
プロセスエンジニアリングと建築が一体となり、スーパーゼネコンだからできる高度な総合力で、お客様の様々なニーズにお応えします。

フルフェーズでサポート

GMP・GCTP対応

バリデーションエンジニアリングの専門チームが、時代とともに変化するGMP/GCTP要件とニーズに対応するコンサルティングを行います。

エンジニアリング本部 先端医療・医薬ソリューション室 松村 嘉之

画像医薬品の製造プロセスは千差万別であり、お客様のプロセスごとに求められる製造装置や施設要件は異なります。近頃は、抗体、ペプチド、細胞、核酸、ベクターなど、製造の対象は多種多様となり、その製造技術も年々進化してきています。
2014年11月には、再生医療等安全性確保法および医薬品医療機器等法が施行され、日本の再生医療等の品質および安全性を医療・医薬の両面から担保していくために、施設・設備・装置への要求も高まっています。

このような新しい分野の施設づくりのニーズにお応えすべく、2017年4月にエンジニアリング本部に先端医療・医薬ソリューション室ができました。
大成建設が医療施設建設と医薬品施設エンジニアリングで国内トップクラスの実績から得たノウハウを生かしつつ、お客様の真のニーズをとらえた最先端の施設ソリューションを提案することで、ライフサイエンスの発展に貢献してまいります。

ライフサイエンスの研究開発や小スケール製造では手作業で行っている工程が多くあります。これをスケールアップし、機械装置化・自動化することで、品質、コストなど生産管理に大きく貢献することができます。最適なプロセス設備を実現するために、現状を理解し、将来のあるべき姿を見定め、そこに至るまでの道筋を提案するのが私たちの役割だと考えています。
大成建設には建物や設備・機械の技術はもちろん、医業経営、GMP、物流などの様々なコンサルティングスキルを持った専門家たちがいます。私たちは、お客様に代わってこの専門家集団から提案を引き出し、お客様と共に最適解を導き出すプロフェッショナルでありたいと思っています。

(コンテンツ作成日 2017年9月)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

同じ分野の事例を見る