ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 医薬品 - 救心製薬株式会社

画像

敷地内に分散している工場と研究所を郊外へ移転統合したい。

救心製薬株式会社

分野

医薬品

課題

工場再構築, 早期稼働, 新工場計画

お困りごと

東京都杉並区の3ヵ所に分散する工場・研究所について、

  1. 機能が分散しており業務効率が低い
  2. 建物の老朽化が進んでいる
  3. 住宅密集地にある敷地いっぱいに建物が建っており、手狭である

という問題を抱えている。
これらを解決するために、郊外に新工場を建設して工場・研究所を移転統合し、各機能の集約化を図りたい。

成功事例

画像2013年2月に創業100周年を迎えられた救心製薬株式会社様。
「救病済生」を理想に掲げ「世のため 人のため」を社是として、生薬を中心とした医薬品を開発、製造しておられます。なかでも、生薬強心剤「救心」は、国内のみならず海外においても高く評価されています。

今後も安全・安心なOTC医薬品を継続してお客様に提供していくため、都内に分散している製造・研究拠点を再整備し生産力を強化することを目的に、既存の3工場を山梨県韮崎市上ノ山・穂坂地区の工業団地へ移転統合することになりました。
2011年11月に大成建設の設計・施工にて山梨工場が完成しました。

画像

救心製薬株式会社
常務取締役 生産部門長 山梨工場 工場長 池上 進 様

画像今回の移転統合計画は、当社の創業100周年事業の一環であり、非常に重要な一大プロジェクトでした。パートナーを選定する段階では、多くの医薬品工場を手掛けており豊富な実績をもつ大成建設にも声をかけ、数社によるコンペを行いました。

大成建設の提案は、高度な医薬品製造施設づくりに必要な知見と考え方に基づいた高レベルな内容であったことと、当プロジェクトに対する強い熱意が感じられたことを評価いたしました。
施工についても、東日本大震災の影響下において7.5ヶ月という非常に厳しい工期にも関わらず、休日を返上して安全に工事を進行し、工期を厳守して新工場を完成いただいたことに大変感謝しています。

1 2