ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 医薬品 - 小林化工株式会社

画像

新工場を建設し、高品質な医薬品の製造を大前提とした、ローコストオペレーションの実現を図りたい。

小林化工株式会社

分野

医薬品

課題

新工場計画

お困りごと

ジェネリック医薬品の需要増加に対応するため、高品質な医薬品の製造を大前提とした、ローコストオペレーションの実現を図りたいが、どのようなプランニングが考えられるだろうか。

成功事例

1946年の創立以来、半世紀以上にわたり医療用医薬品や一般用医薬品の開発・製造・販売を手掛けている小林化工株式会社様。
患者様独自の発想と工夫でつくり出す「改良型ジェネリック医薬品(ユースフルジェネリック)」は、先発医薬品に新たな付加価値を備えた製品として業界内外で高く評価・認知されています。
小林化工様の主力工場である矢地工場(福井県あわら市/2005年、大成建設 設計・施工により増設)の対面の敷地に、新たに清間第一工場が2011年6月に大成建設の設計・施工で完成しました。

画像

今回のプロジェクトにおいて小林化工様から提示された

  • 「大量生産への対応」
  • 「省力化によるランニングコストの抑制」
  • 「交叉汚染防止・封じ込め対応」

という3つのコンセプトに基づき、当社独自の「3次元フロービンシステム」を採用した人と物の動線が交差しないレイアウトを提案。
フレキシビリティ・高品質・高効率など様々なメリットを実現するソリューションが評価され、数社のコンペの結果、当社に発注いただきました。

1 2