ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - その他(製造業) - 大成建設株式会社 技術センター研究本館

画像

研究者の声を反映して生まれ変わった研究施設。リニューアルは大成功?

大成建設株式会社 技術センター研究本館

分野

その他(製造業)

課題

研究施設

リニューアルの経緯

大成建設技術センター研究本館は、築30年弱が経過し施設の老朽化が進んでいました。また、お客様に当社の技術をご紹介する展示スペースとしての機能も充分ではありませんでした。

リニューアル前 外観 正面

リニューアル前 外観 正面

リニューアルにあたっては、これらの課題を解決することは勿論のこと、建築、土木、環境系分野など多岐にわたる異分野の研究者の交流がしやすい独創的な研究開発成果を生み出せるワークプレイスへの進化を追求しました。

次世代型研究施設の誕生

3F コミュニケーションスペース

3F コミュニケーションスペース

2007年2月、コンパクトダブルスクリーンなど自社技術を用いた次世代型研究施設が誕生しました。1階は技術センター研究本館へ来訪されたお客様をもてなす開放的なエントランスと旬の技術を紹介する展示スペースを設置し、3階〜4階は大きな吹き抜け空間を設け、研究者が交流しやすい明るく開放的なコミュニケーションスペースになりました。

エントランス

エントランス

展示スペース

展示スペース

今回のリニューアル計画の段階では、当社独自のインタビュー手法T-PALETを用い、実際にセンターを利用する当社の研究者たちの要望を引き出して整理し、その結果として現在の技術センター研究本館が完成しました。
一体どのように整理され、施設完成後の施設にどう活かされ、利用者の要望に応えた施設となったのかご紹介しましょう。

リニューアル後 外観 正面

リニューアル後 外観 正面

1 2 3