ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - その他(製造業), 食品, 医薬品, 電子デバイス - TASSラック‐免震

画像

部分免震によるローコストな免震システム! 自動ラック倉庫の免震技術

TASSラック‐免震

分野

その他(製造業), 食品, 医薬品, 電子デバイス

課題

地震対策

震災における自動ラック倉庫の被害状況

画像近年、日本では各地で大きな地震が相次いでいます。阪神淡路大震災や東日本大震災においては、倉庫に保管していた積荷が棚(ラック)から落下し、製品や倉庫設備の破損などの被害が多数発生しました。

自動ラック倉庫の被害状況の調査結果では、構造体そのものの被害よりも荷崩れによる被害が多いことがわかっています。
そのため、自動ラック倉庫では、ラック自体の地震対策もさることながら、積荷の落下による被害をいかに少なくするかが課題といえます。

従来の制震システムとの違い

大成建設では以前、ラック最上段に制震装置を設置し、揺れを軽減する制震システム「TASSラック‐制震」による荷崩れ落下対策技術を開発し、既存・新設の自動ラック倉庫への適用を図ってきました。しかし、震度6以上の地震に対しては、制震システムでは積荷の荷崩れや落下を防ぐことができないケースが予見されました。

近年の強大地震のリスクの高まりに対して大成建設は、震度6強以上の地震に対しても荷崩れ落下防止効果のある自動ラック倉庫免震システム「TASSラック‐免震」を開発しました。

「TASSラック‐免震」の特徴と導入効果

免震効果

粘性ダンパー、転がり支承、水平バネの最適な組み合わせにより、自動ラック頂部の揺れを非免震の状態に比べ、1/3〜1/2に低減することができます。地震応答解析や振動台実験を行い、強大地震(震度6強以上)に対しても高い免震効果を確認しました。

低コスト・導入容易性

自動ラック倉庫設備だけを部分的に免震化するため、建物全体を免震化するよりも安価に荷崩れ落下対策を実施できます。さらに、免震化が必要な自動倉庫設備を選別して免震化することにより、倉庫新築時の初期投資費用を抑えることも可能です。

画像

今後の展開

大成建設では、従来の制震システムに加え、本免震システムの開発により、中小地震から大地震までを対象とした自動ラック倉庫の荷崩れ落下対策技術のラインナップが揃いました。今後は新築・既存、荷姿、対策予算など、お客様の多様なニーズに合わせた柔軟な地震対策のご提案を行って参ります。

画像

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

同じ課題の事例を見る