ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 食品 - 森永乳業株式会社 神戸工場 コミュニケーション棟

画像

「おいしいをデザインする」安全・安心を確認して下さい。

森永乳業株式会社 神戸工場 コミュニケーション棟

分野

食品

課題

-

工場見学

「おいしいをデザインする」というスローガンでおなじみの森永乳業株式会社様。
同社の西日本地区基幹工場である神戸工場では、このほど工場見学の受け入れを開始されました。
2007年10月初旬、最新鋭の工場見学を体験してきました。

乳牛のモニュメント

乳牛のモニュメント

神戸工場は神戸市の摩耶埠頭にあります。
食品工場として先進性を誇る工場の存在感が広い敷地に溢れており、訪れる人の期待感を高まらせます。
コミュニケーション棟(見学者用施設)前には、広大な芝生が広がり、本物と見間違うような乳牛のモニュメントが何頭もいるという心が和む風景が拡がっています。

ウエルカムボード

ウエルカムボード

コミュニケ−ション棟入口に入りますと、“ウェルカム・ボード”に私達見学者の名前を発見!
一気に緊張感がほぐれると共に、工場の方々のお心遣いに嬉しくなってしまいます。

まずは、コミュニケーションルームに案内されます。
中央に大きなスクリーンが用意されており、神戸工場で作られた“アロエヨーグルト”を食べながら、神戸工場の概要を説明するVTRを見せていただきます。

VTRで見せていただいたカフェラッテやヨーグルト、流動食などの商品が製造されている様子を直接見せていただくために、見学者通路へ移動します。
さすが最新鋭の工場ということで、通路やお手洗いなど、すべての施設がバリアフリーとなっています。

見学者通路は直線120メートル、さまざまな商品の製造設備を見下ろせる設定になっています。栄養士の資格をもつ案内のコミュニケーションスタッフの方が、わかりやすく製造工程を説明して下さいました。

流れるように商品が製造されていく様子にも驚かされますが、機械の動作一つにも使いやすい商品にするための様々な工夫がされています。
ぜひ工場見学にご参加いただいて、そんな工夫を発見していただきたいですね。

その後、展示ルームへ移動します。
ミルクやヨーグルトなどの乳製品ができるまでを、製造工程ごとに映像で見ることができます。毎日食べている乳製品のことが、ますます身近になると共に、研究開発・製造・販売・輸送に携わる方々に感謝しなければとの思いが湧き上がってきました。

展示スペース

展示スペース

商品陳列棚

商品陳列棚

1 2