ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 食品 - 明治製菓株式会社(現 株式会社 明治) 関東工場 5号館

画像

生産増強したいが、既存の工場内にはラインを増設するスペースがない。新製品の発売も決定したので、期日までに工場を設計・建設してほしい。

明治製菓株式会社(現 株式会社 明治) 関東工場 5号館

分野

食品

課題

早期稼働, 新工場計画

お困りごと

生産増強したいが、既存の工場内にはラインを増設するスペースがない。ここ数年さまざまな検討をしてきたが、新商品を発売することも決定したので、期日までに工場を設計・建設してほしい。

工場本体については、限られた建設スペースのなかで最大限の製造スペースを確保するために多層構成にしたい。

頻度の高い製造ラインの変更にも柔軟に対応できるようなユーティリティ供給ルートを考慮した平面・断面計画とし、フレキシブルな製造スペースとしたい。

また、構造はRC造とし、床にクラックが入らない強い骨格の工場にしたい。

成功事例

計画の初期には2階建ての既存工場の上部に増築する案などもありました。
しかし24時間稼働している状況下で工事を実施することは、物理的には可能でしたが、振動対策や異物混入対策などに万全を期する点からもリスクが高いと判断しました。

そこで、まず第1段階として工場内のテニスコートがあった敷地に立体駐車場を建設し、その後、既存の屋外平置き駐車場の敷地に新工場を建設することに決定しました。
限られた建設スペースに多層構成のコンパクトな工場を建設して、より効率的に生産ラインを設置することで、プロジェクトのコンセプトであった「安心で、強く、使いやすく、優しい工場」を実現することができました。

外観

外観

1 2