ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 食品 - 株式会社カナオカ 埼玉第三工場

画像

食品に直接触れるパッケージも食品の一部として考え、食品工場と同じレベルの安全性を追求した「食の安全」と「地域環境」を追求した最先端の工場を建設したい。

株式会社カナオカ 埼玉第三工場

分野

食品

課題

衛生環境整備

お困りごと

食の安全・安心への意識が高い昨今、さまざまな商品を包むシースルーパッケージの企画・製造・販売を手がける印刷業である私達は、食品に直接触れるパッケージも食品の一部として考え、食品工場と同じレベルの安全性を追求した工場を建設したい。

成功事例

2006年5月食品包装を扱うグラビア印刷工場として、日本初のAIB食品安全監査システム対応の工場が誕生しました。食に対する安全と地球環境への新しい取り組みを大成建設がカタチにしました。

工場建設地である埼玉県は環境対策に積極的に取り組んでいます。印刷工場ではインク溶剤から発生するVOC(揮発性有機化合物)が、環境対策における大きなテーマとなっています。最新のVOC回収・燃焼装置を敷地内に設置しVOCの排出量を限りなくゼロに近づけています。また人の手を煩わすことなく溶剤・白インキが自動供給できる装置も設置しています。施設の拡張に対応できるよう電気や空調・排水などの建築工事を事前に計画し、将来の拡張工事に容易に対応できるように計画されています。

VOC回収・脱臭装置

VOC回収・脱臭装置

工場外観

工場外観

1 2