ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 食品 - 株式会社あわしま堂 栃木佐野工場

画像

「美味しさつくり、笑顔つくり」をコンセプトに地域とお客様を「つなぐ建築」を実現

株式会社あわしま堂 栃木佐野工場

分野

食品

課題

衛生環境整備, 新工場計画

お客様のご紹介

1927(昭和2)年創業のあわしま堂様。愛媛県八幡浜市に本社を置き、量販店販売日本一のシェアを誇る和菓子メーカーです。また、「美味しさつくり、笑顔つくり」をコンセプトに掲げ、お客様に喜ばれるお菓子作りに取り組まれています。気取らず飽きのこない「いつも身近にあるお菓子」として、健康面にも配慮し、厳選した原料と最新の設備により「安心のできる品質」の商品作りを心がけていらっしゃいます。

画像
画像

プロジェクトのコンセプト

和と伝統をつなぐデザイン

和と伝統をつなぐデザイン

西日本を中心として和菓子の量販店販売を行うあわしま堂様の東日本の拠点となる栃木佐野工場では、「お菓子づくり」をコアとして「つなぐ建築」をプロジェクトのコンセプトとしました。

  • 生産をつなぐ
  • 環境をつなぐ
  • 里山とつなぐ
  • 地域とつなぐ
  • 伝統をつなぐ

これらのテーマにおいて、建築が固有のつながりをもつ、新たな工場のスタイルを造り出しました。

用地取得から始まった「つなぐ建築」

工場計画当初、あわしま堂様は北関東地方で用地取得を検討されていました。お客様からご相談をいただき、敷地条件のヒアリングを重ね、栃木県に絞込みました。
その後、お客様の役員の方と行政担当者と計画地の視察を何度も行い、佐野市に決定となりました。さらに「工場に直売所を併設したい」とのご要望も受け、行政との間に入って数ヶ月の交渉を重ねた結果、当時の法規制では建築不可能だった工業専用地域から工業地域への法規制の変更を実現し、物品の販売が可能となりました。また、敷地形状のオーダーメイド等の交渉も行いました。

この地道な粘り強い交渉から大成建設の総合力を評価いただき、その後の建築プロジェクトへとつながりました。

営業推進本部 不動産情報部 不動産情報室 小松 森一郎

画像今回の工場新設計画にあたり、一番最初の作業となる用地選定のお手伝いが出来たこと、大変光栄に思っております。
また、計画用地取得には、様々な検討を行いましたが、お客様をはじめ、行政の方々等、関係者皆様のご協力があり達成出来たと思っております。用地選定、施設計画等、当社の総合力を活かせた本案件に携われたこと大変感謝しております。

生産をつなぐ ─増築を見越した生産ライン
L型の敷地形状を活かして将来へのフレキシビリティを確保した配置計画

L型の敷地形状を活かして将来へのフレキシビリティを確保した配置計画(拡大)

将来増築を見越し生産ラインの拡張性・物流動線を確保

将来増築を見越し生産ラインの拡張性・物流動線を確保

どら焼き生産ラインの餡充填工程

どら焼き生産ラインの餡充填工程

2期工場、3期工場増築を見越し、拡張エリアに影響がない位置にバランスよく座屈拘束ブレースを計画し、将来の生産ラインの拡張性やインフラ・物流動線を確保しました。また、物流コンサルティングを実施した上で、大成建設の関連会社であるネットワーク・アライアンスが新工場からの物流機能を3PLとして担い、品質と生産性の向上、そしてコスト削減に向けて日々の物流運営をサポートさせて頂いています。

高い清浄度を確保した高品質で衛生的な生産エリア

高い清浄度を確保した高品質で衛生的な生産エリア

人とシステムをバランス良く活用した出荷業務

人とシステムをバランス良く活用した出荷業務

エンジニアリング本部 ロジスティクスソリューショングループ 栗山 聡

画像物流の運営は、生産部門,営業部門との連携が欠かせず、稼動当初はその連携が上手くできずにご迷惑をおかけした点もありました。
しかし、経営層をはじめとするあわしま堂の皆さまのご協力を頂き、現在は品質も安定し、生産性向上及びコスト削減に向けた取組を着実に推進しています。

環境をつなぐ ─里山環境を顕在化した、周囲の環境に呼応する建築

敷地は自然豊かな佐野の山々を背景にした工業団地のフロントに位置します。そのような環境を生かし、佐野の伝統建築を踏襲した切妻の連続屋根やカラーリングを採用。竹林・雑木林などの地場植生によるランドスケープが周囲の山並み景観と呼応し、自然豊かな環境と緩やかにつながります。

山並景観に呼応する建築フォルム

山並景観に呼応する建築フォルム

食堂やブリッジから見下ろす「郷土の光庭」

食堂やブリッジから見下ろす「郷土の光庭」

里山とつなぐ ─周辺の自然を工場敷地内に取り入れる

日本百名水である佐野の水系を、お菓子の製造や生活用水に採用しています。おとずれる人に無償で提供し、余剰水はせせらぎとして、庭のビオトープに活用。敷地内には「山の庭」「里の庭」「郷土の光庭」「水辺の庭」の4つの庭を設け、四季感ある地場植生を計画しました。

山の庭

山の庭

佐野の山々を借景として望む和風庭園

佐野の山々を借景として望む和風庭園

佐野市の豊かな自然を生かした里山ビオトープ「水辺の庭」

佐野市の豊かな自然を生かした里山ビオトープ「水辺の庭」

野鳥やトンボなど様々な生物が訪れる「水辺の庭」

野鳥やトンボなど様々な生物が訪れる「水辺の庭」

エントランスアプローチに沿って列柱と呼応する孟宗竹の生け垣を設える

エントランスアプローチに沿って列柱と呼応する孟宗竹の生け垣を設える

設計本部 建築設計第六部 平井 昌志

画像栃木佐野工場はあわしま堂様の東日本のさらなる販路拡大を目指す拠点作りのプロジェクトです。我々がお客様から頂いた条件は、「他に無いあわしま堂らしい施設、工場見学施設や直売所を設置してお客様をもてなす施設づくりと東日本の拠点工場」として3期までの青写真を求められました。

これに対し、我々設計のメンバーは、あわしま堂様に相応しい空間づくり、地域に愛される施設、働く人々にも愛着をもって貰える施設という課題を設定し、これを解決すべく「つなぐ建築」をコンセプトにそれぞれの5つのテーマと施設がつながりをもった新たな工場のスタイルを完成させました。
これには、建築・構造・設備分野のみならず、工場としての運用、衛生管理等はエンジニアリング本部食品チーム、物流機能の構築はエンジニアリング本部物流チーム、5つの趣きが異なる庭は環境本部サスティナブルソリューション部と連携を密に図り、当社の強みである総合力を結集して設計・施工を行い、あわしま堂様の期待に応える施設がここに完成しました。

地域とつなぐ ─地域との交流の場、観光拠点として開かれた工場

お菓子の食べられる直販所や親子で菓子作りが楽しめる食育エリア、見学空間を地域に開放しました。庭園、列柱空間、縁側などグラデーショナルに内外を連続させることで和菓子工場に相応しい日本的な陰影の中に親しみある表情を生み出しています。定期的なバスツアーや小学生の社会科見学にも対応し、地域の観光拠点の役割も担います。

親子で和菓子づくりに挑戦する食育体験イベント「和菓子作り体験教室」

親子で和菓子づくりに挑戦する食育体験イベント「和菓子作り体験教室」

工場見学の最後に出来立てのお菓子を試食できる出来立てお菓子コーナー

工場見学の最後に出来立てのお菓子を試食できる出来立てお菓子コーナー

伝統をつなぐ ─伝統的和菓子づくりの道具をインテリアに採用

和菓子づくりの道具である木型や刷り込み板の紋様をサインやインテリアの主要要素として取り入れました。旧工場の資料棚に眠っていた希少で美しい木型をシンボルアートとして再生することで、従業員の愛着度と企業ブランドの向上を図っています。

落雁等を成形する伝統的な木型

落雁等を成形する伝統的な木型

木型によるアートを壁面に設置した直売所

木型によるアートを壁面に設置した直売所

刷り込み板紋様(創業当時からの伝統的和菓子づくりの道具)

刷り込み板紋様(創業当時からの伝統的和菓子づくりの道具)

竹:良く伸びることから営業成績がすくすく伸びるイメージを表す

竹:良く伸びることから営業成績がすくすく伸びるイメージを表す

株式会社あわしま堂
栃木佐野工場 工場長 森 章光 様

画像東日本の製造拠点として、建設された栃木佐野工場は、既存の工場とは一線を画す外観の工場となりました。一見工場らしくない和モダンな外観に、地域の方々が興味を持って頂き、あわしま堂を知ってもらえるきっかけとなってくれました。
現在では、直売所や工場見学通路など、地域の憩いの場として、地域の方々に幅広く利用して頂いております。

今後、今回の新工場建設によって、出来たつながりをより深く、継続できるように工場運営を行い、2期工場、3期工場建設へとつなげたいと思っております。

株式会社あわしま堂
代表取締役社長 木綱 德勝 様

画像当社の栃木佐野工場は関東進出の大きな足掛かりになる一大プロジェクトでした。当方の思い描いていたイメージ通り、いやそれ以上の設計をしていただき感謝しております。

生産システムをはじめ見学通路、食育ルーム、直売所、ビオトープに無料水飲み場など今までにない施設が出来たこと。そして工場には見えないような外観などいろいろと工夫をしていただきました。
大成建設様とのプロジェクトで一緒にお仕事が出来たことは大変有意義で楽しい期間でした。
素晴らしい出会いに感謝です。

工事概要

発注者

株式会社あわしま堂

所在地

栃木県佐野市岩崎町3004番地

竣工

2015年10月

延床面積

12,880.67m2

URL

https://www.awashimado.co.jp/

(コンテンツ作成日 2017年3月)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

同じ分野の事例を見る

同じ課題の事例を見る