ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 電子デバイス - セーレン株式会社 FMセンター

画像

お客様への納品時期が決まっているが、製造ラインは設計中である。この状況に対応しながら工場を建設してもらいたい。

セーレン株式会社 FMセンター

分野

電子デバイス

課題

新工場計画

お困りごと

フィルムメッシュをベースにした次世代電磁波シールド材の量産プラントを建設したい。薄型テレビの激しい市場変動に対応した生産計画が求められており、取引先への納品時期は決まっている。独自製品であり、製造ラインも個々の装置設計も自社で手掛けるが、まだ設計中の部分もある。この状況を理解して柔軟に対応し、工場を建設してもらいたい。

成功事例

独自のデジタル生産システム「ビスコテックス」から作られた商品を展示するショールーム

独自のデジタル生産システム「ビスコテックス」から作られた商品を展示するショールーム

セーレン株式会社様は、企画、原糸製造から縫製、販売までの一貫生産体制を有する「総合繊維メーカー」です。製品開発においては非衣料・非繊維を推し進められており、この度、ポリエステル製のフィルムを使用した薄型プラズマテレビ用などの電磁波シールド材を製造する工場を、提案コンペの結果、大成建設にご発注いただきました。

フィルムタイプの量産ラインの設計は、セーレン株式会社様にとって初の試みであり、製造ラインの設計も同時並行で行うものでした。

1 2