ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 電子デバイス - 富士通株式会社 三重工場

画像

微振動対策により地震発生時揺れをおさえ、生産に大きな支障をきたさない工場。

富士通株式会社 三重工場

分野

電子デバイス

課題

地震対策

お困りごと

従来から電子デバイス工場への建物のニーズは、生産性の高い工場を建設するというものでした。それは、微細加工を要求される製品を生産するために、人の歩く振動でさえ伝えないような微振動の対策をおこなった建物、つまり固くて揺れにくい建物でした。

しかしそのような強固な建物は、巨大地震発生時には建物自体は健全でも、地震による被害が生産機器や空調機器の破損故障に及び、生産停止により甚大な被害を受けることになります。

免震建物は大地震に対しても生産機器の破損や配管ダクト類の脱落、空調機器・ポンプ類の転倒、天井・パーティションの変形といった被害を最小限に抑え、高い機能性を維持し、製品を安定して供給することが可能なのでしょうか。

成功事例

微細加工の品質を確保するため微振動を制御しつつ、地震による被害を大幅に低減することを両立させた電子デバイス工場向けの免振システム『MiC(ミック)免震システム』を採用しました。

これで平常時の微振動を押さえつつ、地震時は免震機能が働いて生産性を保護できるという2つを併せ持つことができました。

完成予想図

完成予想図

1 2