ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 電子デバイス - B社液晶パネル用部品メーカー 新本社工場

画像

下方メンテナンスFFU(T-UMCシステム)の採用によりコストの削減を実現。

B社液晶パネル用部品メーカー 新本社工場

分野

電子デバイス

課題

新工場計画

ソリューション

ご提案したクリーンブースは建築的に作った高清浄度ブースで、FFUを載せたアルミシステム天井をクリーンルーム天井から吊り下げ、周囲の作業エリアとはシステム天井から垂らしたビニールカーテンで仕切ったものです。

クリーンブースの中はFFUから清浄空気を吹き出し、ビニールカーテンの下端からクリーンブースの外、つまりクラス10,000のクリーンルーム部分へ流すシステムとし、ブース内はクラス1,000となっています。このシステムを実現するFFU(ファンフィルターユニット)が、大成建設の開発した下方メンテナンスFFU(T-UMCシステム)です。

下方メンテナンスFFU(T-UMCシステム) ※特許出願中

受け枠の上にフィルター、更にその上にファンユニットが載っています。従来と同じくファンユニットがフィルターを押さえつけ、気密性を確保しています。フィルター交換時にファンユニットを持ちあげ、フィルターを支えている受け枠を取り外すことで、フィルターを室内側から取り外すことができる仕組みになっています。

特徴
  • フィルター交換はもちろんのこと、ファンユニットのメンテナンスを全てクリーンルーム側(下側)からすることが可能。
  • 気密性の面でも従来のシステム同様で、フィルターを通らない空気が室内に入らない。
  • 従来天井裏から行ってきたFFUのメンテナンスを室内側から行なえるため、FFU裏側スペース(FFU設置エリアの天井裏スペース)が従来型FFUでは2.0m程度必要であるのに対し、70cmで設置ですることが可能。
一般的なクリーンブース従来システムとT-UMCシステムの比較

一般的なクリーンブース従来システムとT-UMCシステムの比較

この下方メンテFFU(T-UMCシステム)を利用したクリーンブースを採用することで、本プロジェクトに関して、以下の成果を実現できました。

フィルター交換の様子

フィルター交換の様子

  • クリーンルームの天井高3.5mに対し、クリーンブース内の天井高も2.8mを確保することができ、高い清浄度(クラス1000)と快適な作業環境を確保。
  • 換気回数を30%以上減らすことができ、イニシャルコストの削減はもちろん、生産開始後のランニングコストの削減も実現。
  • 通常クリーンルームの局所化を行う場合、損なわれがちなフレキシビリティを、下方メンテナンスFFU(T-UMCシステム)の採用により相反する課題を解決。

大成建設担当者より

設計本部1郡統括部グループ エンジニア 岡部 裕之

画像 クリーンルーム全体をクラス1,000としたいというお客様のご要望に対し、機能・性能とコストの両面を考慮して当社開発製品である下方メンテFFUを組み合わせたクリーンルームシステムを提案しました。

フレキシビリティを確保するために在来天井よりアルミシステム天井を吊り下げるシステムとしたため、吊り材の納まりなど天井面の納まりには苦労しました。
ダクトスペースが不要なため生産スペースを最大限にとることができたこともお客様の評価を得られたポイントだと思います。

工事概要

発注者

B社

所在地

大阪府

竣工

2005年4月

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

同じ分野の事例を見る

同じ課題の事例を見る

1 2