ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 電子デバイス - 青森県工業総合研究センター 未来技術研究棟

画像

未来に繋がる技術の研究開発をするために、最高レベルの研究環境を備えた技術研究所を、短工期で建設してほしい。

青森県工業総合研究センター 未来技術研究棟

分野

電子デバイス

課題

早期稼働, 研究施設

お困りごと

青森県が進める、企業誘致を核とした“クリスタルバレイ構想”
構想の一環として、新産業の創出につながる、将来を見据えた研究開発を推進していくことが重要となっている。

FPD関連産業の高度な技術・技能者の育成、先端的研究開発を行う拠点を整備するため、最先端技術を研究開発できる最高レベルの研究環境を持った研究所を、短工期で建設してほしい。

成功事例

「“ゆらぎ”のない研究環境の実現。」この重要なコンセプトを具現化するための技術提案が優れていることから、数ある提案公募の中より設計/日建設計・施工/大成建設が選ばれました。

2003年10月着工から、わずか5ヶ月間で竣工するというタイトな工期でしたが、お客様の視点に立ち、より高度な“研究開発”を目指すための施設づくりへの提案と、その技術力とスピード感に高い評価をいただきました。

11月全景

11月全景

12月上旬全景

12月上旬全景

1 2