ホーム - 事例ライブラリ[ものづくりの施設] - 電子デバイス - アグレスコート

画像

超低臭を実現し分子汚染の発生をおさえた屋内用塗料「アグレスコート」

アグレスコート

分野

電子デバイス

課題

-

お困りごと

  • 食品工場の塗り床が剥がれてしまい塗装したい、ラインを稼動しながら作業を行いたいが作業時の臭気も終了後の塗装臭気の残留も心配
  • 稼動中の半導体工場内で補修・改修工事を行いたい、塗料の溶剤などを由来とする化学汚染物質がシリコンウェハに付着してしまう可能性がある
  • 老人保健施設の室内の壁を塗り替えたい、入居者も多く、臭気やホルムアルデヒドの放散が心配

アグレスコートで解決!

大成建設とジャパンカーボライン株式会社で共同開発した「アグレスコート」は、分子汚染成分の発生を極めて低く抑制することに成功した塗料です。

超高性能な半導体製造工場やFPD製造施設内の床・壁などの大面積に塗装しても、分子汚染を増加させる心配はありません。また、臭気においても無臭に近い超低臭を実現することを可能にしました。臭気対策が必要なあらゆる建物の内装塗料としてお使いいただけます。

アグレスコートシリーズ

アグレスコートシリーズ

アグレスコート作業状況

アグレスコート作業状況

特長
  • 市販の塗料に比べ有機物放散量が75%、アンモニア発生量が50%低減
  • 塗布直後の汚染成分発生量が低減
  • 半導体用シリコンウェハへの有機物の付着が既存の塗料の3分の1程度に抑制
塗料から発生する有機物の放散速度

塗料から発生する有機物の放散速度

各塗料のシリコンウェハ付着有機物量

各塗料のシリコンウェハ付着有機物量

導入のメリット
  • 工場を稼動しながら補修・改修工事が可能
    一般的な塗料は塗布直後から乾燥までに最も多くの化学物質が発生するが、アグレスコートはクリーンルーム内の床・壁などの大面積に塗装しても、分子汚染成分の発生量が少ないため、稼動中のクリーンルーム内でも施工できる。塗装後の分子汚染物質の枯れを待たなくてよいため、塗装工期を短縮できる。
    施工例(平滑仕上げ)

    施工例(平滑仕上げ)

    (ノンスリップ仕上げ)

    (ノンスリップ仕上げ)

  • 臭気対策が必要な施設でも採用可能
    超低臭を実現、ホルムアルデヒドの放散も最高ランク(F☆☆☆☆)であり、食品工場、医療施設、学校施設などでの使用にも適しています。
  • 平滑・光沢仕上げが可能なため、清掃に優れている
こんな場所にも適用をお薦め
  • 居住中の住宅や施設→塗料施工中も臭気がほとんど発生しない
  • 美術館、美術品の収蔵庫→アンモニアガスの発生も極めて少なく、コンクリートから発生するアンモニアの発生を低減する効果が期待できる

現在の実績(2008年12月現在)

  • ディスプレイ研究施設
  • 300mm対応半導体製造施設 合計15,000m2の実績

大成建設担当者より

技術センター 鹿毛 俊彦

画像入社時より主にクリーンルーム建築の分子汚染対策材料について研究しています。
塗装材料は、クリーンルームの材料の中でも非常に施工面積が広く、分子汚染物質の発生も多く、汚染対策が必要な材料です。そこで開発されたのがアグレスコートです。

当初の試作品では、なかなか分子汚染が減らず、次に分子汚染が減った塗料を施工してみると施工性が悪いなど、分子汚染と施工性の両立に苦労しました。試験施工では、現場で作業される方々に施工性や臭気についてアドバイスをいただき、改良を重ねました。
製品化し、臭いを嗅いでもらい「ほんと臭わないですね。」という驚きの反応が返ってくるたびに、苦労した甲斐があったと感じています。

初の実物件適用の際、開発した製品に自信を持っていましたが、やはり実際に仕上がるまで不安は拭いきれませんでした。施工後、お客様に「臭いはもちろん仕上がりにも満足しました」と言っていただいた時は非常に嬉しかったです。

アグレスコートは半導体工場向けに開発した塗料ですが、補修・改修工事はもちろん、食品工場・医療施設・学校など幅広い分野に適用が可能です。アグレスコートがさまざまな施設に適用され、お客様に喜んでいただけたらと思っています。

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

化学汚染物質除去ユニット

ケミカルフィルタ交換の必要も製造ラインも止める必要なし

画像

大成の人×技術

技術センター 建築技術開発部 建築生産技術開発室 仕上システムチーム
若山 恵英

研究開発したものが形になる時の喜び。オーダーメイドなものづくりは、建設業の醍醐味です。

同じ分野の事例を見る

同じ課題の事例を見る