ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - その他(非製造業) - 株式会社サンシャインシティ サンシャイン水族館

画像

都心にある水族館を“大人も子どもも楽しめる非日常空間”へとリニューアルしたい。

株式会社サンシャインシティ サンシャイン水族館

分野

その他(非製造業)

課題

事業展開, 施設計画, リニューアル

お困りごと

「サンシャイン国際水族館」の全館リニューアルを行い、大人も子どもも楽しめる水族館として今後も運営していきたい。

成功事例

画像株式会社サンシャインシティ様が管理・運営される大型複合施設「サンシャインシティ」は、池袋副都心における再開発構想の中で、地域の発展を担う核として1978年に誕生しました。
超高層ビル「サンシャイン60」をはじめ5つのエリアで構成されているサンシャインシティには、オフィスや商業施設だけでなく、展望台や水族館などのアミューズメント施設や、劇場、ホテルなどさまざまな機能が整っており、多くのお客様が来館されています。

サンシャインシティのアミューズメント機能の一つである「サンシャイン国際水族館」は、国内で初めて地上40メートルのビルの屋上にオープンした都市型水族館です。今後もたくさんの方に愛される水族館として進化しつづけるため、2010年9月〜2011年7月にかけて全館のリニューアル工事が行われました。

館内最大の水槽「サンシャインラグーン」

館内最大の水槽「サンシャインラグーン」

屋外に設置されたドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」

屋外に設置されたドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」

株式会社サンシャインエンタプライズ
カスタマーコミュニケーション部長 藤田 宗克 様

画像「サンシャイン国際水族館」は、2011年8月に名称を「サンシャイン水族館」と改めグランドオープンいたしました。
開館から33年のあいだ、累計3,500万人のお客様が来場してくださり、その間、営業を続けながら部分的なリニューアルを行ってまいりました。しかし近年、飼育や展示の技術が発達する中で新たな取り組みを行おうとする際、館内の部分的なリニューアルでは表現できないことが現れてきましたし、老朽化に対応する必要も出てきました。こうした背景から、はじめて全館をリニューアルすることになりました。

屋外エリア

屋外エリア

高層ビルの屋上にある水族館での工事でしたので、工事エリアの面積や階高、積載重量、また資材などの搬出入動線の確保など、さまざまな制約がありました。大成建設は、隣接するプラネタリウムや階下の事務所・店舗が営業している中での工事でありながら、困難な諸条件を一つ一つクリアし、私たちとともに新しい水族館を形にしてくださいました。

1 2