ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - その他(非製造業) - 東京都練馬区 官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」

画像

官民連携のもと、練馬区の発展に寄与する新拠点をつくりたい。

東京都練馬区 官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」

分野

その他(非製造業)

課題

事業展開, 施設計画

プロジェクトの背景

東京都練馬区様が保有する練馬駅北口区有地(約4,000m2)は、交通の要衝である練馬駅に隣接し、区の今後の発展に大きな効果をもたらすことが期待される場所です。

画像

練馬区様は区有地の有効活用を図り、2010年7月に「練馬駅北口区有地活用事業計画」を策定され、民間事業者の参画により「練馬の中心核」の一翼を担う新たな拠点施設を整備されることになりました。
民間事業者を選定する際には、プロポーザル(事業提案)方式により、事業に参画する民間事業者を公募・選定されました。

成功事例

2011年3月に実施されたプロポーザル方式の事業者公募において、3社によるコンペの結果、日立キャピタル株式会社様を代表事業者とし、その構成員に大成建設を含む「日立キャピタルグループ」の提案が評価され、事業者に選定されました。
そして2014年4月に、練馬区の新たな拠点施設である「Coconeri(ココネリ)」(地下3階 地上8階建)がグランドオープンしました。

※代表事業者 日立キャピタル株式会社
構成員:【設計・監理・施工事業者】大成建設株式会社
【維持管理事業者】株式会社日立ビルシステム
【民間施設等マネジメント事業者】日立キャピタルコミュニティ株式会社

「Coconeri」という名称には、「ここからはじまる練馬の新生活」「交流、経済活動、社会復帰、子育てがここを拠点にはじまる」という意味が含まれています

「Coconeri」という名称には、「ここからはじまる練馬の新生活」「交流、経済活動、社会復帰、子育てがここを拠点にはじまる」という意味が含まれています

練馬区 区民生活事業本部 産業経済部
経済課長 米 芳久 様

画像本事業手法は定期借地権方式(50年)で、土地は練馬区が所有し、建物は日立キャピタル株式会社が建設し、竣工時に建物の一部を区に譲渡し区施設とする官民の区分所有建物となっています。

日立キャピタルグループは練馬区の現状を十分に理解し、募集要項で掲げた3つの基本方針(1.区全体の活性化、2.産業振興、3.区民の生活の質の向上を図る)を達成し得る、具体的で意欲の高い提案を行われました。特に、今まで区内に無かった回復期リハビリテーション病院をテナントとして誘致することで、区民の生活の質の向上が期待できることや、綿密な調査に裏付けられた事業計画に対して、長期安定的な事業展開を期待できることなどを総合的に評価いたしました。

1 2 3