ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - オフィス - 株式会社損害保険ジャパン

画像

建物の“健康診断”から“長寿命化”まで、建物の価値を高める総合的なリニューアルで、本社ビルの「総合医療」を提供してほしい。

株式会社損害保険ジャパン

分野

オフィス

課題

リニューアル

大成建設に期待すること

  • 築後36年を経る本社ビルを使い続けるため、時代や本社業務の変化に応じて、つねにビル性能を見直す必要がある。
  • 本社ビルとしての機能維持や、これまでの経年変化を踏まえて現状を把握した上で、建物の利用上の価値を高めるためのリニューアルを計画し、ビルを使いながら安全に工事を行ってもらいたい。

成功事例

画像西新宿のランドマークである株式会社損害保険ジャパン様の本社ビルは、東京都新宿区において当時、4番目に高い超高層ビルとして昭和51年に完成しました。
建築学会の有識者グループによって基本設計が行われ、その指導を仰ぎながら大成建設が実施設計および施工を担当しました。

損保ジャパン本社ビルでは築後36年のあいだ、中長期計画に基づき、BCP(事業継続)対策や地震対策、省エネへの対応など時代の要請や本社業務の変化に追従するための様々なリニューアルを、業務を停めることなく行っておられます。

損保ジャパン本社ビルの外観

損保ジャパン本社ビルの外観

株式会社損保ジャパン・ビルマネジメント
取締役執行役員 技術支援部長 林田 健 様

画像損害保険会社の本社機能を担う拠点として完成した本社ビルは、特に「防災」に重点を置いて設計されています。建物のデザインにこだわり、非常に良質な材料を使用していますので、築後36年を経ても劣化が少なく陳腐さも感じられません。
しかしながら、ビルは人と同じように、年数を重ねるごとに“衰え”や“疲れ”など様々な問題を抱えるようになり、不具合の出ることが多くなるのも事実です。

大成建設様は、本社ビルに長年寄り添う「主治医」のような存在であり、例えば「受変電設備など各設備の寿命はどれくらいもつのか」「耐震性能レベルは時代に即しているか」など建物のいわば“健康診断”を定期的に行い、設備や構造、外装、内装などビル性能に関わるすべての要素について状態を把握していただいています。
私たちのビルの運用に対する考え方や要望を共有し、優先して取り組むべきことを協議した上で、「いつ・どのような方法でリニューアルを行うと効果的か」という視点で営繕計画を提案し、ビルを使いながら安全に工事を実施し、その後のメンテナンスも行うなど総合的なリニューアルを実現していただきました。

このように、建物を知り尽くした知見や技術、安全に工事を進めるためのノウハウやネットワークなど総合建設会社としての優位性を活かしてリニューアルを行い、ビルを健康な状態に回復させたり、若返らせたり、長寿命化することで、私たちの大切な資産に新しい価値を生み出していただいております。

ソリューション

※各項目をクリックいただくと、それぞれのソリューションをご覧いただけます。

1 2 3