ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - オフィス - サンヨー食品株式会社 サンヨー赤坂ビル

画像

テナントの営業を妨げることなく、ビルを使いながら耐震補強を行いたい。

サンヨー食品株式会社 サンヨー赤坂ビル

分野

オフィス

課題

地震対策, リニューアル

お困りごと

築後40年を経る本社ビルの耐震補強を行うにあたり、入居しているテナントの営業を妨げずに、ビルを使いながら工事を行いたい。
また、「建物内外の美観を損なわない」「室内スペースの面積減とならない」耐震補強を行いたい。

※既存の建物に対し、地震に対してより強い建物とするために、壁や柱などの耐力や剛性、ねばり強さを向上させて建物の耐震性能を高める方法。

成功事例

「サッポロ一番」ブランドの即席麺でお馴染みのサンヨー食品株式会社様。
昭和28年の創業以来、「良い味の創造」を経営理念とし、「迅速なる行動、熱心なる販売」を行動理念として掲げ、即席麺をはじめ様々な食料品の製造・販売を手掛けられています。

外堀通り側より撮影

外堀通り側より撮影

画像

サンヨー食品株式会社様の本社ビルである「サンヨー赤坂ビル」は、都内の赤坂駅から徒歩で数分の外堀通りに面した好立地に建っています。
築後40年を迎え、時代に合せて耐震性能アップを図ることになりました。

サンヨー食品株式会社 様

サンヨー赤坂ビル(地下1階、地上9階建)の6階から9階に当社の本社機能が集約されており、その他の階には各テナント様が入居されています。
東日本大震災より以前から、社員とテナント様の安全性を維持・強化するため、ビルの耐震補強を検討しており、具体的なプランニングについて数社から提案していただきました。
大成建設は、私たちの要求を最も的確に捉え、要求以上の素晴らしい提案をしてくださいました。

具体的には、

  • 工事のために社員やテナント様が移動することなく、ビルを「使いながら施工」する
  • 既存躯体の外側にフレーム型の耐震補強材を設置(アウトフレーム補強)し、外装を一新することで、美観を損なわず、室内スペースの面積減とならない耐震補強を行う
  • 外装は構造と意匠が一体となる設計を行い、スタイリッシュな外観デザインを実現する

など、建物の安全性、機能性、デザイン性の各要素に付加価値をもたらすリニューアル提案を評価しました。

1 2