ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - オフィス - 株式会社三陽商会 本社ビル

画像

築40年の本社ビルを使い続けるため、安全性・機能性・デザイン性をバリューアップしたい。

株式会社三陽商会 本社ビル

分野

オフィス

課題

施設計画, リニューアル

お困りごと

築40年を迎える本社ビルを今後も活用していくため、BCP(事業継続計画)の一環として耐震診断・補強を行い、建物の安全性を確保したい。
さらに、建物全体でリニューアルを行い、オフィスビルとしての機能やデザインに付加価値を与えたい。

成功事例

総合ファッションアパレル企業の株式会社三陽商会様は、SANYO(サンヨー)やEPOCA(エポカ)、Paul・Stuart(ポール・スチュアート)など35以上のファッションブランドを展開し、ファッション本来が備えている豊かさや美しさを通して、社会の発展に貢献されています。

画像
夕景

夕景

築後40年を経る本社ビルを今後も安全に使い続けるためには、時代に合せて耐震性能を向上させる必要がありました。

株式会社三陽商会
人事総務本部 総務部長 髙﨑 三千夫 様

画像当社は1942年に千代田区の神田に創業しました。レインコートを主力とする会社から総合アパレルメーカーへと成長していく過程において、1969年に新宿区の四ツ谷駅近くの本塩町に自社ビルを建設し、以来、長年にわたり本社ビルとして使用してまいりました。

本社ビルが築40年を迎えるに際し、今後の運用をどうしていくべきか社内で検討を進めました。BCPの観点からも、まずは本社ビルを空けることに決め、2008年に汐留の賃貸オフィスに本社機能を移しました。

画像大成建設とは、汐留への移転前から本社ビルの今後の活用について意見交換をさせていただいており、「本社ビルを建替えるのか、リニューアルして使い続けるのか、あるいは取り壊して売却し、本社機能を別の場所へ移すのか」など、いくつも選択肢を挙げて検討しました。対話を重ねるうちに、「適切なリニューアルを行えば、建物の安全性の確保はもちろん、機能性やデザイン性などを刷新し旧くなったビルに付加価値をもたらすことができる」と確信することができ、本社ビルをリニューアルすることにしました。

大成建設は、私たちの要求を真摯に受け止め、高度な技術と徹底した“ものづくり精神”で、本社ビルを見事に生まれ変わらせてくださいました。

1 2