ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - オフィス - MUSビジネスサービス株式会社 MUS豊橋ビル

画像

テナントビルを使いながら天井の地震対策を行い、BCP対策を強化したい。

MUSビジネスサービス株式会社 MUS豊橋ビル

分野

オフィス

課題

地震対策, リニューアル

お困りごと

自社で所有・管理するビルのBCP対策を強化する一環として、築44年を経るテナントビル(名称:MUS豊橋ビル)の天井の地震対策を検討している。
テナント様に一時的な退去を求めることなく、建物を使いながら短期間で工事を行いたい。

成功事例

MUS豊橋ビル外観

MUS豊橋ビル外観

MUSビジネスサービス株式会社様は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の証券持株会社である三菱UFJ証券ホールディングス株式会社様の100%子会社で、証券関連のバックオフィス業務およびファシリティ業務におけるエキスパートとして、お客さまの証券ビジネスへの信頼に応えておられます。

MUSビジネスサービス株式会社様が所有・管理しているビルにおいて、今後も入居者の皆さまが安全・安心かつ快適に施設や設備を利用できるよう、BCP対策を強化するための具体的な減災対策を計画し、推進されています。

その一環として、MUS豊橋ビル(地下2階、地上6階建)では、2013年12月〜2014年3月にかけて大成建設の提案・施工により、天井の地震対策工事が行われました。

画像

MUSビジネスサービス株式会社
ファシリティ業務部 第二課 中島 敬太 様

画像弊社が所有するビルのうち、MUS豊橋ビルを含む旧耐震基準で建てられたビルについては、新耐震基準に準拠させるための耐震補強工事をすでに完了しており、建物の構造体に関しては一通りの耐震化を行っていました。
しかし、弊社はビルオーナーとして、三菱UFJモルガン・スタンレー証券をはじめとする入居者の皆さまにより安全で安心できる環境を提供していく責務を果たすため、具体的な方策として、天井など非構造部材の減災対策を策定し、BCP対策を強化する方針を固めました。

数社の建設会社からのヒアリングを進めていく中で、大成建設様からは、入居者の皆さまに一時退去を求めなくて済み、短工期で、想定していたよりも低コストに天井の耐震化を行える新工法「T-Ceiling Grid(ティーシーリング グリッド)」など、私たちの求める高い技術力と情報を提供いただきましたので、今回の工事を発注することにいたしました。

1 2