ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - T-Location.ME

画像

医療機器の位置情報を安全に低コストで把握する新システム

T-Location.ME

分野

医療・福祉

課題

施設計画

病院ではさまざまな医療機器が使用されており、中には状況に応じて病院内で移動を繰り返すものも多くあります。機器の使用状況は、機器の使用時に記録をつけることで把握することができますが、それら機器の所在を把握することは大変手間がかかり、業務上の大きな負担となっている現状があります。また、機器の貸出・返却時の記入ミスなどの手続き処理の不備や、機器が病棟間を移動することにより記録管理が十分にできず、機器の正しい所在を把握できなくなる危険性もあります。

2007年に施行された改正医療法では、医療機器安全管理責任者の設置や医療機器の保守点検計画策定と適切な実施等、医療機器の安全管理が義務化されました。医療機器の所在管理に関する悩みは、多くの病院が抱えているのではないでしょうか。

画像

医療機器にICタグ等のタグを取り付け、電波を利用して位置を特定するシステムは以前からありました。電波の強弱を利用してエリアを特定するものや、電波の到達時間の差を利用して座標を特定するものが一般的でしたが、コストや検知精度に問題が見られました。

従来の方式
電波の強弱を利用した存在の有無の検知

画像

【問題点】

  • エリアに隙間ができないようにアンテナを配置する必要がありコストがかかる
  • サーチの瞬間に隙間にいると所在不明となる
電波の到着時間の差を利用した座標の検知

画像

【問題点】

  • 電波障壁がない環境下でないと正確な座標が検知できない等、精度に問題がある

大成建設では、埼玉医科大学保健医療学部 加納教授との共同研究により、動線の分岐地点(出入口や階段口等)の通過情報を検知し、通過履歴から最終的にどのゾーンにいる可能性が高いかを推定し所在情報の提供を行う、位置情報を安全に低コストで把握する新しいシステム「T-Location.ME」を開発しました。

T-Location.ME

画像

【メリット】

  • 設置するアンテナの数が少ないため従来のシステムと比べ低コストで導入可能

従来の存在の有無を検知するシステムと違い、通過の検知に必要な箇所にアンテナを設置するため、アンテナの設置数を大幅に減らすことができ、従来のシステムと比較すると導入コストを抑えることができます。また、設置時の業務への影響も最小限に抑えることが可能です。

様々な用途に対応した位置管理システム
機器に設置したタグとアンテナ

機器に設置したタグとアンテナ

T−Location.MEでは、アンテナの通過を検知するために微弱無線アクティブタグを使用しています。タグは小型軽量のため携帯する人や設置する機器への負担も少なく、また発信される電波は非常に微弱なため、周囲の機器へ影響を及ぼすことはほとんどありません。

実際に使用するタグ

実際に使用するタグ

他のシステムとの連携

国内で高いシェアを占めるフクダ電子株式会社の医療機器管理システム「MARIS(マリス)」と連携が可能です。MARIS上で管理している医療機器の所在を確認することができ、より効率的、安全、確実に医療機器を管理することが可能となります。

技術センター 建築技術開発部ニューフロンティア技術開発室 末田 隆敏

画像このシステムの最大の特徴は、医療機器の所在をポイントではなくエリアで特定するという機能に限定したことにより、従来のシステムと比べ約1/3の低コストで導入が可能という点にあります。
設置するアンテナの数は施設の規模やお客様のニーズにより変わりますが、例えばエリアをフロアごとに区切るのであれば、階段やエレベーター付近にアンテナを設置するだけでシステムを機能させることも可能です。このシステムを導入している一例として、愛媛県立中央病院(800床規模)では、タグ700台を医療機器に取り付け、アンテナを110台設置して運用を行っています。

エリアと言うとやや広い範囲ととらえられるかもしれませんが、機器の所在が限定できるという点においては、実際に現場で働いていらっしゃる方からは好評価をいただいております。おおまかな範囲であっても所在が分かるだけで、機器の所在を確認するための巡回を行う必要がなくなり、業務の効率化がはかれます。また、機器の運用の無駄を省くことができれば、過剰な在庫を抱える必要がなくなるといったメリットも期待できます。

特に、中規模(100〜300床)以上の病院の医師・臨床工学技士の方々に、是非こういった技術があるということを知っていただきたいです。

パンフレットのご案内

画像写真やイラストを用いて、本システムの特長をさらに分かりやすくご紹介しております。この機会にぜひ、お問合せください。

ご請求は、下記「お問い合わせ/資料請求フォーム」よりお寄せください。
※請求されるパンフレットの名称を必ずご記入ください。

  • パンフレット名「T-Location.ME」

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

同じ分野の事例を見る

同じ課題の事例を見る