ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉, オフィス, 教育・文化, その他(非製造業) - T-Fダンパー

画像

長時間の揺れにも安定した性能を発揮!コンパクトで高性能な摩擦制振ダンパー

T-Fダンパー

分野

医療・福祉, オフィス, 教育・文化, その他(非製造業)

課題

地震対策

T-Fダンパーとは

T-Fダンパーの施工例

T-Fダンパーの施工例

「T-Fダンパー」は、これまで実用化してきた「鋼材ダンパー」「オイルダンパー」「粘弾性ダンパー」などの制振ダンパーと同等以上の制振性能を有しながらも、取り付けが容易で工期も短く、かつローコストなダンパーです。

GINZA PLACE(銀座プレイス)

画像銀座の中心地に誕生した「GINZA PLACE」において、建物のスペースを有効に利用可能な間柱型の制振技術「T-Fダンパー」が初採用されました。

T-Fダンパーの構成

「T-Fダンパー」は高耐久性を有する合金を摩擦材として使用して、この摩擦材を取り付けた鋼材プレートと、間柱、梁、ブレースなどの鋼材を高力ボルトで締め付けて固定するものです。
地震時には、この摩擦材を取り付けた鋼材プレートがスライドすることで、建物に対する揺れを低減します。

画像

T-Fダンパーの構成

画像「T-Fダンパー」は疲労特性に優れており、長時間の地震時の揺れに対しても安定した制振効果を期待することが出来ます。
また、1つあたりの部材もコンパクトであるため、摩擦板等の交換やボルトの締直しで済み、メンテナンス性に優れたダンパーです。

T-Fダンパーの検証

すべり荷重(摩擦係数)や摩擦材の摩耗などの材料特性を検証する部分要素実験やダンパー部実験を行い、すべり荷重(摩擦係数)や摩擦材の摩耗などの材料特性を把握しました。
長時間加振に対しても摩擦材およびステンレス材に顕著な損傷は見られず、安定した履歴特性を示しておりました。

要素実験における加力状況

要素実験における加力状況

摩擦ダンパーの荷重-変形関係

摩擦ダンパーの荷重-変形関係

※なお、当該ダンパーは、商標登録を出願中です

(コンテンツ作成日 2017年2月)

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

同じ課題の事例を見る