ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 医療法人 田中会 西尾病院

画像

建替えの際に病棟構成の再編を検討したい。地域医療を担う病院の将来像として、どのようなプランが考えられるだろうか。

医療法人 田中会 西尾病院

分野

医療・福祉

課題

事業展開, 施設計画

お困りごと

  • 病院既設棟(本館/199床)の老朽化に伴い一部建替えを検討していたが、介護療養病床の廃止予定を考慮し、今後の病院の方向性を検討する必要がある。
  • ケアミックスの強みを活かし、さらに地域貢献する病院の将来像として、どのようなプランが考えられるだろうか。

※ケアミックス:一つの病院が急性期医療と慢性期医療、あるいは介護療養型の機能を併せもつこと。急性期、慢性期、介護療養型の各病床は施設基準などが異なるため、これらの機能は基本的には病棟単位で提供されます。

成功事例

愛知県西尾市にある医療法人 田中会 西尾病院は、明治28年に開設した県内で2番目に伝統のある病院です。「常に真心サービスで地域の皆様の医療と介護に貢献し、信頼されるよう努めます」を法人の理念に掲げ、急性期から慢性期、介護までを担う地域医療の中心的存在です。

2012年8月に、西尾病院の新棟(南館)が大成建設の設計・施工により完成しました。
新棟を既設棟と上空通路(渡り廊下)でつなぎ、病棟構成を再編しました。

外観

外観

病棟案内

病棟案内(拡大)

医療法人 田中会 西尾病院
事務長 宮地 正浩 様

画像老朽化の進む既設棟の一部を建替えようと院内で検討していたころ、2006年に介護療養病床の全廃決定の政策が発表され、将来の病院の方向性を見つめ直す転換期を迎えました。
「単に建替えを行うのではなく、今後の病院のあり方を再考し、場合によっては病棟構成を再構築する抜本的な改革を行うべきかもしれない」と考えてはいたものの、具体的にどうすれば良いのか、どこから手をつけるべきかが分からず悩んでいました。

具体策を模索している最中、大成建設が開催する医療フォーラムに当院の田中理事長が参加したことを機に、大成建設の医療専門チーム(コンサルタント部門、エンジニアリング部門、設計部門などで構成)に提案していただくことになりました。田中理事長は以前より、医療フォーラムを通して、大成建設の医療福祉施設づくりに関する考え方やプロジェクトの進め方などを認識しており、「将来に向けて新しい病院づくりを頼むなら、大成建設が適任だろう」と判断され、今回のプロジェクトをお願いすることにしました。

病院の方向性や事業性、適正な病棟構成などについて私たちとともに検討を重ねながら、およそ4年の歳月をかけてグランドデザインを描いていただきました。

1 2