ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 社会医療法人 真美会 中野こども病院

画像

小児医療の新たな活動拠点を、診療を続けながら構築したい。

社会医療法人 真美会 中野こども病院

分野

医療・福祉

課題

施設計画

お客様のご紹介

大阪市旭区にある社会医療法人 真美会 中野こども病院様は、「子どものためなら何でもしよう」という信念のもとで1966年に創立された、全国的にも数少ない民間の小児内科専門病院です。
創立以来、子どもの立場に立った救急医療(365日・24時間体制)と心身両面からアプローチする医療の実践を2大柱に活動され、区内のみならず大阪府の広域から多くの患児が来院しています。

お困りごと

今後もさらに充実した小児医療を提供していくため、老朽化した病院を建替えたい。診療を続けながら工事を行うことは可能だろうか。
また、新築にあたって子供たちに優しい環境を造りたいが、建物が完成する前にイメージを確認できないだろうか。

成功事例

今回のプロジェクトでは、診療を続けながら新病院(新館・本館/地上3階建て)の建設を行うため、ローリング計画※1を実施することになりました。
その第一期工事として、大成建設の設計・施工により2013年4月に新館が完成しました。現在、2014年12月の完成を目指して本館の建設工事が進んでいます。

※1 計画地内にて、新施設を建設→旧施設からの機能移転→旧施設の解体→新施設の建設・機能移転など、医療活動を停めずに工事を順次進める方法

新病院の完成パース

新病院の完成パース(左:新館 右:本館)

ローリング計画
着工時

着工時

新館を建設・旧病院からの機能移転・旧病院を解体(第一期工事)

新館を建設・旧病院からの機能移転・旧病院を解体(第一期工事)

本館を建設・新館から一部機能移転(第二期工事)

本館を建設・新館から一部機能移転(第二期工事)

新館を改修(第三期工事)

新館を改修(第三期工事)

社会医療法人 真美会 中野こども病院
理事長・院長 木野 稔 様

画像大成建設は、既存病院を建替えるにあたり、工事中も休診にする必要なく、新館の建設と旧病院からの機能移転、旧病院の解体、本館の建設など、順次効率よく安全に工程を進めながら病院全体を整備する方法を提案してくださいました。
また、臨床心理学を用いたオリジナルインタビュー手法※2を用いて私たちが理想とする新病院のイメージを掘り下げ、体系的にまとめ、明確なコンセプトをつくる一助を担っていただきました。

私たちが展開したい医療はどういうものなのか、そのためにはどのような病院づくりを行うべきかについて、私たちとともに真剣に考え、時にプロの視点でアドバイスしながら、新館・本館のプランニングを行ってくださいました。

※2 本文最後にて詳説

1 2