ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 特別養護老人ホーム 谷茶の丘.雅

画像

老朽化した施設を沖縄・恩納村という風光明媚な土地の特色を生かしたリゾート型介護施設として、リニューアルしたい。

特別養護老人ホーム 谷茶の丘.雅

分野

医療・福祉

課題

施設計画

お困りごと

沖縄県国頭郡恩納村で1976年(昭和51年)5月に開設した平屋建て施設だが、約30年を経過して建物・設備など、いたる所が老朽化してきている。
恩納村谷茶の高台に位置し、東シナ海と緑豊かな恩納村の山々を眺望することができるようなリゾート型介護施設として、既存入居者に一時転居などの不自由を負担させず、介護サービスの低下をまねかずにリニューアルをしたい。

成功事例

高台に位置していることを利用して、そこからの眺望を十分生かすことを考えました。通常の特別養護老人ホームは、3〜4階建てが一般的な中で、日本初の高層7階建てリゾート型特別養護老人ホームを建設し、〈全室個室〉〈ユニットケア〉の導入などによる「全国オンリーワンの施設」を実現しました。

建物の外観もお客様の希望である「南仏風」イメージが実現でき、また、敷地の有効利用により、既存入居者への負担も少ないかたちで、施設を新しくすることができました。

谷茶の丘.雅 外観

谷茶の丘.雅 外観

1 2