ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 医療法人 博仁会 共済病院

画像

将来の事業性を見据え、適正な規模・診療機能を備えた新病院をつくりたい。

医療法人 博仁会 共済病院

分野

医療・福祉

課題

衛生環境整備, 地震対策, 事業展開, 施設計画

STEP4:安全で効率の良い開業支援を行い、病院の負担を軽減

病院機能の移転・引越しを含む開業前の準備では、関連業者の選定、様々な調整業務、スケジュール管理など、病院様に掛かる負担は少なくありません。
今回のプロジェクトでは、当社のエンジニアリング部門が中心となり、医療機器・什器備品の調達業務と、移転・引越し業務の支援を行いました。

新病院の設計、施工、開業前の支援業務までワンストップでお任せいただくことにより、例えば、

  • 新病院に据付ける医療機器・什器備品の内容を事前に把握するため、建築・設備の設計に反映することができ、より使いやすい病院を具現化する
  • 工程の進捗に合わせて移転・引越しのスケジュールを計画できるため、患者様の搬送や医療機器の移動を最適なタイミングで安全に実施する

など、様々なメリットをもたらしました。

エンジニアリング本部 情報ソリューショングループ 医療ソリューションチーム 村山 達雄

画像エンジニアリング部門では、安全かつスムーズに病院の開業準備を進めること、そして、開業後の高効率な運用を支援するため、病院の運用コンサルティングを展開しております。

共済病院様のプロジェクトでは、例えば「新病院ではどの医療機器を、誰が、どのような状況で、どういうふうに利用するのか」という視点でお客様と意見交換をしながら、開業後の運用を想定し、設計部門と共有しました。病院運営におけるムダ・ムリ・ムラを省き、その内容を設計などの他部門に展開することで、患者様やスタッフの方々の満足度を高める病院づくりを支えます。

病院運営の効率化を実現する、大成建設の「病院エンジニアリング」メニュー

医療法人 博仁会 共済病院
常務・事務長 杉野 髙秀 様

画像プロジェクト当初は、開業準備に係る業務は自分たちで手配しなければならず、時間も労力も要するだろうと考えていました。そんな中、大成建設のエンジニアリング部門に専門のサポート体制が整っていることを知りました。
入院患者様を安全に移動すること、24時間停められない旧病院からの移転であることなどを考慮し、大成建設に依頼するメリットは大きいと判断しました。その結果、「建設会社がここまで出来るのか」と驚くほど、期待以上に手離れの 良い対応をしてくださり、感心しました。

1 2 3 4 5 6