ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 医療法人 博仁会 共済病院

画像

医療法人 博仁会 共済病院

医療法人 博仁会 共済病院

分野

医療・福祉

課題

衛生環境整備, 地震対策, 事業展開, 施設計画

STEP3:診療を止めずに、狭隘なスペースに新病院を建設

旧病院で医療活動を続けながら工事を行うという条件をクリアするために、旧・新病院の部分的な解体、建設、移転を繰り返す“ローリング”と呼ばれる建設手法を用いて施工を行いました。
新病院の計画地は、稼働中の旧病院に隣接した狭隘な空きスペースであったことから、病院運営に配慮した綿密な計画と高度な施工技術が必要とされました。

第1段階:既存病棟の改修および機能移転後、既存病棟(E・G・I・J)を解体

既存病棟での診療、新病棟の建設に影響の無いよう、インフラの盛替え、室変更のための改修工事を実施。病院機能を移転後、既存病棟の一部を先行して解体しました。

画像

第2段階:新病院を新築

病院関係者様の迷惑とならないよう、病院車両と工事車両等の動線を分離。低振動、低騒音の工法を採用しました。

画像

第3段階:新病院に機能を移転後、既存病棟(A・B・C・D・F)を解体

引越し経験の無い病院様に対し、スムーズな移転・引越しを実現するため、早期より病院様と協力して計画。新病院へ患者様の負担にならない移転・引越しを遂行し、残っている既存病棟の解体工事に移行しました。

画像

第4段階:新病院の倉庫等のスペースを新築

新病院の営業に影響の少ない倉庫等のスペースを最後に建設。工事の際には、新病院での診療に影響が無いよう、短期間で工事を完了するために施工方法を工夫しました。

画像

医療法人 博仁会 共済病院
常務・事務長 杉野 髙秀 様

画像大成建設は、「病院の運営に支障をきたさないよう、主要な病院機能を1回で新病院へ移転するために、どのような手順でローリングを実施するべきか」という視点で、施工部門を中心に、プロジェクトに関わるすべての部署が密に連携し、知恵とノウハウを結集してくださいました。プロジェクトの初期段階から、施工を視野に入れた合理的な病棟計画、設計、移転計画を行えたことが、無理なく安全に、効率良くローリングを実現できたポイントと考えます。

1 2 3 4 5 6