ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 医療法人社団 慈誠会 練馬駅リハビリテーション病院

画像

リハビリテーション医療を必要とする地域に開院し、高齢化社会を見据えた医療環境の充実に貢献したい。

医療法人社団 慈誠会 練馬駅リハビリテーション病院

分野

医療・福祉

課題

事業展開, 施設計画

お客様のご紹介

医療法人社団 慈誠会医療法人社団 慈誠会様は、日本の高齢化社会における多様なニーズに対応するため、開業の地である東京都板橋区を中心に、療養病床や回復期病床などを備える9つの病院と介護老人保健施設、老人ホームなどを運営し、保健や介護福祉を含む全人的かつ包括的な医療を提供されています。
回復期などのリハビリテーション医療にも早くから力を入れ、多くの患者さまを受け入れておられます。

お困りごと

リハビリテーション医療が必要とされている地域で開院し、慈誠会グループが長年培ってきたリハビリテーション医療のノウハウを広く提供することで、高齢化社会における様々な要請に応えていきたい。

成功事例

2014年5月に開院した慈誠会グループ様の「練馬駅リハビリテーション病院」は、練馬駅北口から徒歩1分でアクセス可能な練馬区の官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」の5〜8階にある練馬区初のリハビリテーション病院です。

練馬駅とペデストリアンデッキで直結する官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」

練馬駅とペデストリアンデッキで直結する官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」

官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」の新築プロジェクトに民間事業者グループの一員として参画※1した大成建設は、練馬区の高齢者数に着目し、回復期リハビリテーション病棟を施設内に誘致することを発案し、検討を開始しました。

※1 2014年4月にグランドオープンした練馬区の新たな拠点施設「Coconeri(ココネリ)」は、練馬区によるプロポーザル方式の事業者公募が行われ、日立キャピタル株式会社を代表事業者とし、構成員に大成建設を含む「日立キャピタルグループ」が事業者に選定されました。

代表事業者 日立キャピタル株式会社
【構成員】
設計・監理・施工事業者:大成建設株式会社
維持管理事業者:株式会社日立ビルシステム
民間施設等マネジメント事業者:日立キャピタルコミュニティ株式会社

ソリューション営業本部ビジネス・ソリューション部 医療福祉計画グループ 南條 浩毅

画像当社の医療福祉本部が中心となり、練馬区の人口統計において今後も増加傾向にある高齢者数や推定される患者数を割り出し、数値化しました。さらに、医療圏における医療環境の充足率や市場動向について調査・分析したところ、練馬区では回復期リハビリテーション病院の必要性が高いことが分かりました。

そこで、官民複合施設「Coconeri(ココネリ)」の新築プロジェクトにおいて、事業計画を立案する過程で「施設の上層階では、どんな事業を展開するべきか」を検討した際、回復期リハビリテーション病棟を施設内に誘致することを発案しました。
慈誠会様に対して、様々なデータによる裏付けをもとに事業として成立することの確実性について明示し、「大成建設の提示してきたデータや検証内容は的確で納得できる」と評価いただきました。

1 2