ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 愛和病院 新館「愛ちゃんワールド館」

画像

育児育母支援を柱とする地元に密着した施設をつくりたい。

愛和病院 新館「愛ちゃんワールド館」

分野

医療・福祉

課題

施設計画

お困りごと

次世代に目を向けた育児育母支援を柱とする施設をつくりたい。その実現に向けて、育母支援では産婦の精神的な負担を軽減すると共に、育児支援では子育てに安心して臨むことができるようにハード面・ソフト面の充実を図ることができる“病院の概念を超えた”新館を増築したい。

成功事例

本館と調和した新しい顔づくり

既存敷地内に新館を建設するにあたり、本館との調和を考えて設計を行いました。また、より一層の機能充実を図るため、当初の計画よりも用地を拡張し、施設規模を大きくした提案を行いました。

「病院らしくない施設づくり」を実現する“3つの癒し空間”

画像

“明るくわくわくさせる空間”

エントランスホール、小児科・皮膚科外来ゾーン:
明るくオープンなガラスアトリウムや遊具にもなるオブジェ、明るい色調のサインで来院される母子を迎えます。
こどもの目には「病院=怖いところ」と映りがちな病院を楽しく親しみやすい空間とし、母子共に晴れやかな気持ちになるように配慮しました。

エントランスホール

エントランスホール

画像
“温かく、つつみこまれる空間”

愛ちゃんワールド健診センター:
素足にとてもやさしい桐の床をはじめとした木調の素材、柔らかな色使い、手の届くところにある緑は、育児につかれたお母さんをほっとさせてくれます。また、広いフロアをクラスター的な空間構成で変化させて小空間を生み出し、コーナー毎の用途が広がりました。

愛ちゃんワールド健診センター内

愛ちゃんワールド健診センター内

愛ちゃんワールド健診センター庭

愛ちゃんワールド健診センター庭

“おちついた優雅な空間”

病室フロア:
ホテルさながらの高級感を演出しました。濃い木質系の色調でプライベートテラスを併設し、洗練された雰囲気を重視したAタイプ、ナチュラルな色調で子連れを意識して小上がりを設置したBタイプの2タイプを用意し、様々なニーズに応えます。
アロマリラクゼーションルーム:
妊娠中から産後の育児中に至るまで、お母さんのストレスをやわらげてくれる本格的なエステサロンです。

病室フロア エグゼクティブラウンジ

病室フロア
エグゼクティブラウンジ

病室Aタイプ

病室Aタイプ

病室Bタイプ

病室Bタイプ

専門特化する分野と連携した施設づくり

育母支援、子供の空間を専門特化するために、この分野のスペシャリストである設計事務所、インテリアデザイン会社と大成建設の3者が、お互いの得意分野を活かしながら、垣根を超えた設計チームとしてお互いのノウハウを活かして機能・連携し、発注者の要望に応えました。


※「新館 愛ちゃんワールド館」
愛和病院が次世代に目を向けた育児育母支援を柱とする施設

※「愛ちゃんワールド健診センター」
子育てママ・パパの心の支援を、医師、社会福祉士、保育士、看護師など、育児サポーター達が協力して、とくに生後100日までを手厚くサポート

南側外観

南側外観

1 2