ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 一般財団法人 愛成会 弘前愛成会病院

画像

投資バランスの取れた病院再編計画で患者もスタッフも安全で快適な環境を実現

一般財団法人 愛成会 弘前愛成会病院

分野

医療・福祉

課題

施設計画, リニューアル

お客様のご紹介

60年余の歴史を持つ、一般財団法人 愛成会 弘前愛成会病院様。「弘前愛成会病院は、利用者一人一人を尊重し、質の高い精神医療を提供します」という理念のもと、精神科医療における地域の基幹病院の役割を果たしています。精神科医療の多様なニーズに対応できる外来診療と、認知症を含む急性期の入院医療を提供しています。

画像

お困りごと

老朽化した病院を建て替えるにあたり

  • 急性期に適した空間にしたい
  • 医療費抑制に適応し、投資額のバランスを取りたい

という課題がありました。さらに、職員の確保が難しい地域であることも問題となっていました。

成功事例

弘前愛成会病院様の増改築および新病棟の建設は、2013年3月のコンペで当社が選ばれ4月に設計開始、外来棟コンバージョンの一期工事、新病棟の二期工事を経て、2016年7月までの期間で行われました。
精神科病棟の建設に多数携わってきたスペシャリストである、ソリューション営業本部医療福祉計画グループと設計部門の融合に加え、大成建設が蓄積してきた知見・ノウハウを集結。既存施設を活用したメリハリのある投資により、安全で快適な療養環境を実現しました。

一般財団法人 愛成会 弘前愛成会病院
院長 田﨑 博一 様

画像病棟再編計画では、病院のあるべき姿について「働く職員」「患者や家族などの利用者」「地域住人」の3つの視点で検討していました。職員にとって働きやすく自慢できる病院であり、利用者にとっては居心地の良い病院、そして地域からは親しみがあり頼りになる病院で、これらの条件に最もマッチしたのが大成建設の提案でした。利用者は病院の主役ですから、他社も患者の快適さや安全性確保のために工夫を凝らした提案をくれました。
しかし、私は職員もまた病院の主役であり「職員あっての病院である」と考えています。大成建設はその思いをくみ取って形にしてくれていました。また、建物の色合いや構造、雰囲気も、地域によくなじむものだと感じられたため採用しました。

ソリューション

※各項目をクリックいただくと、それぞれのソリューションをご覧いただけます。

1 2