ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 医療・福祉 - 財団法人 温知会 会津中央病院

画像

施設を利用しながら震災への備えを行いたい。

財団法人 温知会 会津中央病院

分野

医療・福祉

課題

地震対策, 施設計画

コンセプト

会津盆地にある福島県会津若松市。名所旧跡が多く見られ、代表的なものに白虎隊士墓があり、平日でも観光客が見られます。
この地域にある会津中央病院様は、898床25科の診療科目を持つ総合病院です。会津若松地域の基幹病院として、地域にあって何をすべきか常に考えられ、建物に関しても利便性をふまえて再構築し、地域の皆様に高度医療・医療福祉を提供できるよう貢献されています。

今回は、新新館増築工事と平行して、既存棟(新館)を最新の免震技術でリニューアルされました。日本での免震レトロフィット(病院)としては2例目の当該病院では、既存中間免震レトロフィットを採用されています。竣工後、2つの建物はウエスト棟として誕生しました。

ウエスト棟
  • B1階:Amenity street(コンビニ、美容室、カフェ)
    地下のアメニティストリートでは、様々なショップ展開で院内であることを感じさせません。
  • 1階:Hospitality hall(受付、外来外科、検査室、相談室)
    光と水のエントランスホールは、外光が射し込む明るい空間です。待合ロビーは、水族館を思わせる大きな水槽の中で泳ぐ熱帯魚が気分を和ませてくれます。
    画像
    画像
  • 2階〜4階:Sickroom area(一般病棟)
    木目調で統一され自然の光と風を感じることができる明るく開放的な病室です。全ての病室に椅子式シャワーとトイレユニットが完備されています。
  • 5階〜6階:Private room area(個室病棟)
    一般病棟と同様に木目調で整えられた室内では、完全個室という落着いた環境の中で治療に専念することができます。
  • 7階:Salon de grand(サロン、AGIO)
    最上階から磐梯の峰々など病院周辺の景色を楽しむことができる屋上庭園及びサロンは、利用者の方々に癒しの空間を提供しています。

画像

1 2