ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 教育・文化 - 学校法人 早稲田大学 早稲田キャンパス2号館、西早稲田キャンパス

画像

歴史ある建物の伝統を守りながら、より安全で使いやすく進化させたい。

学校法人 早稲田大学 早稲田キャンパス2号館、西早稲田キャンパス

分野

教育・文化

課題

地震対策, 施設計画

お困りごと

「東京都歴史的建造物」第1号に指定されている早稲田キャンパス2号館(旧図書館)と、理工学術院の拠点である西早稲田キャンパス内の3つの校舎に耐震補強を行いたい。
創建当時からの思想と伝統を受け継ぐ建物に関してはそのままの形で保存したい。
建物内外への影響を最小限に、耐震補強を行う良い方法はないだろうか。

成功事例

学校法人早稲田大学様が運営する早稲田大学は、日本の近代化が進む1882年(明治15年)に創設されました。歴史と伝統を誇る早稲田大学の各キャンパスには、大隈記念講堂をはじめ歴史的・文化的価値の高い建物がいくつも存在します。

早稲田キャンパス2号館(旧図書館)

早稲田キャンパス2号館(旧図書館)

西早稲田キャンパス56号館

西早稲田キャンパス56号館

全国に9つのキャンパスを運営しておられる中で、早稲田キャンパス2号館と西早稲田キャンパスの56号館、58号館、65号館は、建物の耐震性能を向上させるために耐震補強を行う必要があり、2010年から2012年にかけてその計画が進められました。

学校法人 早稲田大学
キャンパス企画部 企画・建設課長 北野 寧彦 様

画像早稲田キャンパス2号館と西早稲田キャンパスの56号館は、創建当時からの思想と伝統を受け継ぐ建物であり、外観を損なわない補強方法が必要でした。また、西早稲田キャンパスの3つの校舎には、学生のための実験機器などが大量に設置されており、建物内で工事を行うことは困難でした。こうした背景から「建物の内部・外部への影響を最小限に耐震補強を行う」ことを第一に、どのような補強方法が考えられるのか検討しました。

大成建設は、オリジナルの耐震補強部材を上手に活用しながら、建物が保有する歴史と伝統を保存しつつ、建物の安全性・機能性を向上させるプランニングを行ってくださいました。また、施設を利用する人々の利便性を考慮した工事計画を提案してくださるなど、予想以上のソリューションを期待できましたので、数社によるコンペの結果、大成建設に発注することに決めました。

※各項目をクリックいただくと、それぞれのソリューションをご覧いただけます。

1 2 3