ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 教育・文化 - 学校法人 立命館 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 理工系新棟「トリシア」

画像

教育・研究の質の向上に寄与する「地球環境に配慮した環境教育棟」をつくりたい。

学校法人 立命館 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 理工系新棟「トリシア」

分野

教育・文化

課題

施設計画

お客様のご紹介

学校法人立命館様は、学祖・西園寺公望氏が1869(明治2)年に私塾「立命館」を創設したことに始まります。現在、約48,000人が学ぶ総合学園(小学校から大学院までを含む)として発展し続けておられます。

お困りごと

立命館大学 びわこ・くさつキャンパス Map

立命館大学 びわこ・くさつキャンパス Map(拡大)

学園の中期計画「R2020」では、2020年にむけて立命館学園のあるべき姿、それを達成するための学園ビジョン、基本計画についてまとめており、本計画を支える基本目標の一つに「教育、研究、学生生活を支えるキャンパスづくり」を掲げている。
具体的には「コミュニティスペースの確保」、「地域との調和・地域への貢献」、「安全・安心、親環境、地域防災を高めるキャンパスづくり」等を掲げており、びわこ・くさつキャンパス 理工系新棟「トリシア」の整備においても、短期間の工期の中で、これらの目標を具体化し実現させる必要があった。

成功事例

大学と企業で構成する「グリーンビルディング・コンソーシアム」から提示されるアイディアを、大学と設計事務所、建設会社の3者が一体となって建築計画・施工計画を調整し、「実践的な教育を実現する、上質な教材としての環境教育棟づくり」のコンセプトにふさわしい建物として、理工系新棟「トリシア」を完成しました。

※グリーンビルディング・コンソーシアムとは、立命館大学様と民間企業が連携して環境負荷軽減技術の研究を行うための組織です。

理工系新棟「トリシア」の外観

理工系新棟「トリシア」の外観

新棟では、「産・学・官の連携」、「建物自体を実践教育・研究の素材として活用」、「コミュニケーションの促進」を実現するために、例えば、

  • 「グリーンビルディング・コンソーシアム」の共同研究のための省エネルギーや環境負荷軽減につながる最新技術の導入
  • 環境省委託事業「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(2013年度)」に採択
  • 学生・教員相互のコミュニケーションを創出する交流スペースの設置

などを具現化しました。

学校法人 立命館
財務部 管財課 安原 壮一 様

画像本プロジェクトでは、設計者に株式会社 安井建築設計事務所様、施工者に大成建設株式会社様を選定し、本学の教職員や学生の意見を交えながら、「学び・研究の場として真に求められている建物のあり方」を追求しました。
学生の成長に資する最高の学び場として、また、国や企業との共同研究を積極的に推進する場として、理工系新棟「トリシア」の建築計画には様々な仕掛けを盛り込みました。

大成建設様は、施設コンセプトを正確に捉え、私たちの思いをどこまでも汲み取って施工に臨んで下さいました。設計図面の完成後に発生した困難な要求に対しても、つねに前向きな姿勢で対応してくださり感謝しています。

1 2