ホーム - 事例ライブラリ[人のための施設] - 教育・文化 - 学校法人 武蔵野大学 有明キャンパス

画像

「地域社会とつながる」「安心・安全を備える」「人と環境にやさしい」キャンパスをつくりたい。

学校法人 武蔵野大学 有明キャンパス

分野

教育・文化

課題

地震対策, 施設計画

お困りごと

総合大学として規模を拡大し、より質の高い教育を提供するため、臨海副都心の有明地区に新たにキャンパスを建設する。
産官学連携をはかりやすい立地を活かし、学生が近隣企業や研究所、地域の人々と協働して学べる環境を築きたい。また、災害に強く、人と環境に配慮したキャンパスをつくりたい。

成功事例

学校法人武蔵野大学様が運営する武蔵野大学は、2014年に創立90周年を迎えられます。 その前身である武蔵野女子学院は、国際的仏教学者として知られる高楠順次郎先生により1924年に創設されました。

画像
画像

女子単科大学から男女共学の総合大学へと急成長する過程において、今後さらに規模を拡大し、高度な教育を提供していくため、新たにキャンパスを設立することになりました。

学校法人 武蔵野大学
企画部長 落合 恒 様

画像2012年4月にオープンした本学の有明キャンパスは、臨海副都心における初の総合大学として完成しました。大成建設とは、有明キャンパスの構想がスタートする以前から「もしキャンパスを新設する場合、どのような施設計画が考えられるか」など意見交換をさせていただいており、教育施設づくりに対する豊富な知見があることを認識していました。

大成建設は、「地域社会とつながる」「安心・安全を備える」「人と環境にやさしい」という3つのコンセプトを反映した基本設計(株式会社日建設計が担当)をもとに、そのグランドデザインをさらに進化させていく形で実施設計を行ってくださいました。そして、教育施設に求められる機能や安全性をデザインに組み込むなど、建築・構造・設備設計が協働して計画したプランを、施工部門が正確に具現化してくれています。
各部門が連携することで生まれる総合力を十分に発揮し、有明キャンパスを見事に実現していただきました。

1 2